FC2ブログ

グローバリズムの終焉?

2020.03.25 (Wed)
gggg (2)

今回はこういうお題でいきます。新型コロナウイルス関係の内容ですね。
ついさっき、今日の記事を書こうとヤフーの科学ニュースを見たんですが、
コロナ一色でした。まあ、東京オリンピックも延期と決まりましたし、
都知事が首都封鎖にも言及し、これはしかたないところかもしれません。

さて、何から書いていきましょうか。まずは防疫について。防疫とは、
疫病を予防し、またその侵入を防ぐことです。しかし、自分は日本への
侵入はどうやっても防げないと思います。1、2月には、春節もあり、
大勢の中国人観光客やビジネスマンが来てましたよね。あの段階で、
すでに日本人にも相当数の感染者が出てたと考えて不思議ないでしょう。

中国だけでなく、世界の各国から日本に人が来てますし、逆に
日本人も数多く海外に出ていっています。日本は島国で四方を海に囲まれ、
国境を接している国よりは有利かもしれませんが、それでも、
ウイルスの侵入を完全に防ぐのは現実的には無理な話です。

では、どうするのか。3月13日でしたか。日本と同じ島国である
イギリスのジョンソン首相が、対コロナウイルス「集団免疫」戦略を
演説で発表し、学校の休校はしないと述べました。
これで世界に衝撃が走りましたね。この集団免疫って何なんでしょうか。
こっからは数字が出てきますが、難しくはありません。

新型コロナウイルスのイメージ
gggg (6)

ある疫病(感染症)にかかった人が1人いるとします。
その人が、まったく免疫等を持たない人々の中に入っていくと、何人に
感染させてしまうのか。この数を基本再生産数(basic reproduction
number)と言います。ここからは、R0と表していきます。
R0は、その感染症の種類によって個々に違います。

少し調べてみましたら、最も高いのが麻疹で12~17。
日本でよく知られているものでは、風疹が5~7、百日咳が5.5、
インフルエンザ(スペイン風邪)が2~3、エボラ出血熱が1.5~2.5。
この数字が大きいほど、感染力が強いというのはおわかりだと思います。
インフルエンザって、案外たいしたことはないんですね。

一般的に、R0<1、つまり1人の感染者が1人未満にしかうつさない場合、
その感染症は自然に収束していくと考えられます。また、R0≒1の場合は、
患者が一定数いて、増えも減りもしないということになります。
この新型コロナウイルスの場合、R0はどのくらいかというと、
まだはっきりとはわかりませんが、2~3と予測されています。

イギリスのジョンソン首相
gggg (1)

つまり、1人の感染者が2~3人にうつしてしまう。では、R0を下げる
にはどうすればいいかというと、ワクチンで免疫をつけるのが最も
いいのは当然ですが、現状、ワクチンは完成していません。治験等が
ありますので、できるとしても最短1年はかかるんじゃないでしょうか。

次に、感染して治った場合に免疫ができるので、それに期待する。
ですから、ジョンソン首相は学校を休校にせず、施設等の閉鎖も行わないと、
当初は言っていたわけです。さて、R0<1 をエンデミック(endemic)
と言い、e の記号で表します。疫病が自然に収束していく状態。

これに達するには (1–e)R0<1、式を変形して e>1-(1/R0)
ここで仮にR0を3とすると、右辺は0.67ということになります。
難しいでしょうか。国民の3分の2にあたる67%が感染し、
免疫を獲得すれば、エンデミックに至るというわけです。

猖獗するイタリア
gggg (3)

さて、ここで、新型コロナウイルスは無症状、軽症の人が全体の80%、
20%が重篤になり、2~3%が死亡するとします。死亡するのは
主に高齢者か基礎疾患のある人です。イギリスの人口は6600万人で
日本の半分ほど。その67%の4400万人が感染する。さらに
2%が88万人、3%で120万人を超えることになります。

集団免疫戦略では、それだけの人数が死亡するという試算なんです。
これを発表した後、非難轟々になりましたよね。国民に、年寄り、弱者
切り捨て政策と思われるのは当然です。ジョンソン首相をバットマンの
ジョーカーになぞらえた似顔絵なども登場し、さすがに方向転換せざるを
えなかったようです。社会隔離策にシフトしたようにみえます。

イギリスはインフルエンザのワクチン接種で成功しており、
最初にこの方針が出てきたのだと思いますが、やはり国民感情として
納得できなかった。ただ・・・自分が思うに、現状では、
新型コロナウイルスの治療法はありません。呼吸の確保などの
対処療法をしながら、自己免疫で治癒するのを待つしかない。

ですから、国によってとる政策の違いはあっても、ワクチン完成までは、
パニックにならないよう少しずつ国民を感染させ、集団免疫をつけていくしか
方策がないのではないかとも思うんです。怖い話ですが、それ以外の手立ては
難しい。最初に書いたように、国外から入ってくるウイルスを完全に防ぐのは
不可能だし、経済が死ぬので、ずっと鎖国しているわけにはいきせん。

グローバリズムのイメージ
gggg (4)

さてさて、グローバリズムという言葉が言われて久しく、
地球を一つの共同体と見なして、世界の一体化(グローバリゼーション)
を進めるという思想ですが、実体は、主に経済面ですよね。
自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させるという形が
とられてきました。ですが、今回のような騒ぎが起きて、

グローバリズムはほんとうに正しいのか? という疑問を持ちます。
一例ですが、2月の日本の中国からの輸入は半分程度まで落ちています。
このまま世界で人、物、金が動かない状態が続けば、いずれスーパーの棚から
商品がなくなり、日本の企業もどこにも輸出ができず工場を止めるしかない。
みなさんは、どう考えられますでしょうか。では、今回はこのへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2401-3ace103a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する