FC2ブログ

悪魔学入門「召喚と契約」

2020.05.29 (Fri)
gbgbgdbg (1)

今回はこういうお題でいきます。ひさびさに魔術系の内容です。
「召喚」という日本語は日常、めったに使わないですよね。
裁判所に被告や証人として呼び出される場合に出てくることが
多いようです。ただ、最近ではこの言葉、ファンタジー系の
RPGやラノベなんかでよく見かけるようになってきました。

「引きこもりニートが勇者として異世界に召喚された」
みたいな使い方です。元の世界では役立たずな人間だったのが、
その世界では不思議な力を持っている。で、その国の王女様などの
頼みで敵を倒す過程で、どんどん人間的に成長していく。
こんなストーリーが定番になっているようです。

ご都合主義の極地みたいですが、たくさんの類似作品が
ある中でオリジナリティを出すのは大変そうです。
また、ラノベの場合は「転生」という語もよく使われますね。
その異世界の社会環境をどれだけ魅力的なものに
できるかも重要なポイントになります。

悪魔との契約で十字架を踏みつける人
gbgbgdbg (2)

さて、オカルト的には、召喚は「自分よりも上位の存在を
呼び出すこと」こんな感じの意味で使われます。
上位の存在とは、神や天使、悪魔や精霊などですが、
神が召喚されるという言い方はあまりしないですね。

天使など善の存在を召喚するのを白魔術、悪魔を召喚するのを
黒魔術と分けることもできます。召喚は英語で、一般的には
「summoning」か「conjuration」使うかと思います。
ただし、近代の魔術結社「黄金の夜明け団」に連なる
アレイスター・クロウリーの一派は、

悪魔との契約書 悪魔の署名が見えます
gbgbgdbg (7)

「召喚 invocation」と「喚起 evocation」を
使い分けています。この場合、神を呼び出すのが召喚で、
悪魔は喚起となります。もちろんキリスト教の神を呼び出す
のは無理ですので、ここで出てくるのは異教の神々です。

さて、ここからは悪魔を呼び出すケースについて述べていきます。
まず、何のために悪魔を呼び出すのか。これは、あることに
ついての知識を得るためという場合もありますが、多くは
自分の願い事を聞いてもらうためです。

悪魔から身を守るための魔法陣
gbgbgdbg (6)

でも、悪魔がわざわざ人間のところまで来て願いを叶えてやる
なんてありえないですよね。そこで悪魔を呼び出す呪文が
必要になります。呪文は、古い魔導書を研究して
発見されることが多いですね。

ここで、悪魔に危害を加えられないように、自分は魔法陣の
中にいて身を守るというのが定番です。それで、もし呪文が
強力であれば、悪魔はただで願いを聞いてくれますが、
そうでない場合は、術者の魂を引き換えに求めます。
悪魔との取り引き(契約)ということです。

では、もし悪魔に魂を取られてしまったらどうなるのか。
はっきりとはわかりませんが、長い間地獄の炎で焼かれたあげく、
神との最終戦争で悪魔の側について戦うことになるんだと
思います。ちなみに、ゲーテの戯曲『ファウスト』では、
ファウスト博士は最終的に天上へ救済されます。

「黄金の夜明け団」のタロットカード
gbgbgdbg (8)

この悪魔との取り引きというのは、たいへん魅力的な
テーマなので、多くの作家が書いています。例えば、
ホラー作家のスティーブン・キングやSF作家の
フレドリック・ブラウンなどですね。日本の漫画作品にも
いろいろとあります。また、悪魔が魂を求めてこない場合もあり、

瓶の中などに長期間悪魔が閉じ込められていて、
助けてくれたら願いを叶えてやるといったケースです。もともとは
ペルシアの『アラビアン・ナイト』の「アラジンと魔法のランプ」が
原型なんじゃないかと思います。

ブラックサバスのアルバム
gbgbgdbg (3)

でも、やはり悪魔は悪魔ですので、願い事の中に罠が
しかけられていたりします。例えば「一生使い切れない金」を望むと、
その途端に上から大量の金貨が落ちてきて、押しつぶされて
死んでしまうとか。ですから、頭を絞って願い事を考え
なくてはなりません。

歴史上、悪魔と契約したとされる人物はたくさんいます。最も
有名なのが、フランス、ルーダンの司教ユルバン・グランディエで、
そのときの契約書が、現在フランス国立図書館に保存されています。
契約内容のほか、悪魔の署名などが記されていますね。ちなみに
この司教は、異端審問によって火あぶりの刑になりました。

ロバート・ジョンソンが悪魔と契約したとされるミシシッピ州のクロスロード
gbgbgdbg (4)

上記のファウスト博士も有名です。実在のヨハン・ファウストは
錬金術師で16世紀の人物。生前から悪魔と取り引きしたという
悪評が流されていましたが、実験中に爆発が起こり、五体が
ばらばらに吹き飛んだと伝えられています。あと、同じ
16世紀の医師、パラケルススにも悪魔との契約の話があります。

さてさて、近代で最も有名なのはアメリカの「クロスロード伝説」
でしょうか。ブルースギタリストのロバート・ジョンソンには、
「十字路で悪魔に魂を売り渡し、引き換えにテクニックを身につけた」
という噂がついて回りました。現代でも、ロックには悪魔に
関係した曲が多いですよね。では、今回はこのへんで。

gbgbgdbg (5)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2518-dd9c470f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する