FC2ブログ

アーカイブ 魔法植物の話

2020.06.02 (Tue)
引き抜くと叫び声を上げ、聞いた人は死んでしまうなどの言い伝えがある
伝説の植物「マンドラゴラ」の花が、兵庫県南あわじ市八木養宜上の観光施設、
「淡路ファームパーク イングランドの丘」で開花した。
同施設では初めてで、国内でも珍しいという。

マンドラゴラはナス科の多年草。古くは薬草として用いられたが、
根には幻覚や幻聴などを伴う毒があり死に至ることもあるという。
根は人に似た形状に成長することがあり、
「人の姿の根が発する叫び声を聞くと死ぬ」などの伝説が中世ヨーロッパを
中心に広まり、映画「ハリーポッター」などにも登場した。
(産経WEST)

っっd (5)

今回はこういうお題でいきます。マンドラゴラの花が咲いたというニュースです。
マンドラゴラは、別名をマンドレイクとも言い、絞首刑になった無実の罪人が、
苦しみのあまり射精した精液がしたたった地面から生える、などと伝えられますが、
実際にある植物なんですね。ナス科マンドラゴラ属で、根はニンジンのような形、
二股に分かれていることも多く、人間の足のように見えます。

そこから、抜かれた根は地面を歩き回るとか、抜かれる瞬間に叫び声を上げ、
それを聞いたものは死んでしまうなどとも言われました。実際、
根には数種類のアルカロイドが含まれ、麻薬作用を持ち、鎮痛薬、
鎮静剤、下剤などに使われていましたが、毒性が強く、
死に至ることもあるため、現在はまず使用されることはありません。

マンドラゴラの花
っっd (1)

マンドラゴラの伝説は、主にヨーロッパの中世で、錬金術の材料として
広まりました。抜くと死ぬという伝説も、そのときにできたものと考えられます。
映画の『ハリーポッタ』シリーズに登場したときは、耳を押さえて抜くという
ごく簡単なやり方でしたが、犬のしっぽに結びつけ、遠くから主人が
犬を呼んで抜かせるなどの方法が魔術書に残っています。

前に少し書きましたが、錬金術は、上流階級を騙すために悪用される
場合が多かったんです。錬金術師が本を書いて、王侯貴族に
高い値段で売りつけます。本の中には、不死の薬とか
空を飛べる薬の作り方が書いてありますが、それに使われる
材料の多くは、まず手に入らないものだったんですね。

例えば、これは映画の話ですが、ハリー・ポッタのポリジュース(変身薬)の
材料は、「クサカゲロウ、ヒル、満月草、ニワヤナギ、二角獣の角の粉末、
毒ツルヘビの皮の千切り、変身したい人物の一部」でしたが、
二角獣の角なんて、実際にはこの世には存在しません。

ですから、当然手に入れることはできず、薬は完成しません。したがって、
錬金術師のイカサマもばれることがなくて済むわけです。
マンドラゴラについても、貴族がそれを手に入れて薬を作り、
効果が表れなくても、錬金術師は、「これは本物のマンドラゴラでは
ありません」とでも言っておけばいいわけです。

北欧神話のフェンリル狼
っっd (6)

巧妙な手口すよね。では、この手の話のルーツはどこから来たかというと、
おそらく古い神話からだと思われます。北欧神話では、フェンリルという
巨大な狼の怪物が出てきますが、これをつないでおくための魔法の鎖の材料は、
「猫の足音、女のあご髭、山の根元、熊の神経、魚の吐息、鳥の唾液」でした。
どれも、当時は存在しないと考えられていた品々です。

では、ここからは、魔法の植物についてみていきましょう。
有名なのは、ギリシア神話に登場する「黄金の林檎」でしょうか。神々が
若々しさを保つための食べ物であり、不老不死の魔力を持つとされていました。
神々の祝宴に招かれなかった争いの女神エリスは、宴の最中に黄金の林檎を
投げ入れ、それには「最も美しい女神に」と書かれていました。

アンゼルム・フォイエルバッハ『パリスの審判』
っっd (2)

そこで、美貌が自慢の3人の女神、ヘラ、アテナ、アフロディーテが、
それぞれ自分のものだと主張して言い争いを始め、主神ゼウスが、
人間の羊飼いパリスに審判をさせることに決めます。そこで、ヘラは「王の座」、
アテナは「戦いの勝利」、アフロディーテが「世界で最も美しい人間の女」を
パリスへの贈り物とします。西洋絵画の主題となっている場面です。

パリスはアフロディーテを選び、世界で最も美しい女がトロイアのヘレナだった
ことから、木馬のエピソードで有名なトロイア戦争が始まることになります。
ところで、ここまで読まれて違和感を感じませんでしょうか。
リンゴは、日本では青森県や長野県など、寒冷地の特産品で、
地中海気候のギリシアにあったとは思えないですよね。

現在、黄金の林檎の候補として、「オレンジ説」 「マルメロ説」に
分かれていて、はっきりした結論は出ていません。この両者の果物も、
古代ギリシアにはありませんでした。オレンジはインド原産、
マルメロは西アジア原産で、当時文明の中心だったギリシアには、
輸入という形で入ってくる、遠い異国の産物だったんです。

っっd (4)

さて、東洋にも神々の食べる不死の果実がありますよね。桃です。
これは特殊な形をした蟠桃(ばんとう)という種類です。中国神話の
最高位の女仙、西王母は、その誕生日(3月3日)に、蟠桃会という
桃を食べる祝宴を開きます。これが、日本のひな祭りのルーツなんですね。

この桃を食べるとたいへんな長寿になります。『西遊記』では、天界の果樹園の
番人にされた孫悟空が、自分だけ蟠桃会に招かれなかったことに怒り、
果樹園の桃をむさぼり食って大暴れします。これによって悟空は不死の
体になり、お釈迦様によって五行山という岩山の下に封印され、
天竺へ向かう三蔵法師が通りかかるのを待つことになります。

で、この桃が神聖な果物であるということが日本に伝わってきて、
イザナギ、イザナミの黄泉返りの神話で、追いかけてくる黄泉国の軍勢に、
イザナギが桃を投げつけて追い返す話になってるんです。桃は、
日本ではこの当時、オオカムヅミ(大神実命)と呼ばれていたようです。

桃を投げて黄泉の軍勢を追い返すイザナギ
っっd (3)

さてさて、ということで、ギリシア神話の黄金の林檎が、シルクロードを経て、
日本神話へとみごとにつながりました。魔法植物については、
まだまだ書く内容があるんですが、もうだいぶ長くなってしまいました。
続きはまたの機会にしましょう。では、今回はこのへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2523-bf1709c0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する