FC2ブログ

氏神・産土神・鎮守神

2020.07.02 (Thu)
gfgfh (4)
藤原氏の氏神神社 奈良春日大社

今回はこういうお題でいきます。オカルト論ですが、
このところずっと道教やキリスト教の話題が多かったので、
ひさびさに神道の内容にしてみました。さて、
みなさんはこういう童謡というか唱歌をご存知でしょうか。

「♪ 村の鎮守の 神様の 今日はめでたい お祭り日
 ドンドンヒャララ ドンヒャララ ドンドンヒャララ 
 ドンヒャララ 朝から聞こえる 笛太鼓」
たいへんリズムのよい、陽気な気分になる歌なんですが、
今の子どもはこういうの知らないんですよね。

で、ここで出てくる鎮守神(ちんじゅがみ)って何でしょう。
字を見れば、鎮め守る神ということで、村の守り神的な
存在のように思えます。ですが、鎮守神ってかなり
難しい概念なんです。また、似たような用語として、氏神、
産土神(うぶすながみ)などがありますが、

gfgfh (2)

これらとどう違うんでしょう。今日はそのあたりの話を
してみます。まず一番わかりやすいのが氏神でしょう。
血統が共通する氏族があり、その人々が信仰する神を
氏神と言い、多くの場合、その氏族の祖先神になります。

日本の古代において、氏族の血統がどう考えられてきたかは
よくわからない面があったんですが、それが一変したのは、
1968年に埼玉県行田市、埼玉古墳群の稲荷山古墳から
出土した稲荷山古墳出土鉄剣によります。ちなみに
稲荷山古墳の推定年代が5世紀後半頃。

稲荷山出土鉄剣
gfgfh (5)

この発掘から10年後の1978年、腐食の進む鉄剣の
保護処理のため、X線による検査が行われましたが、その際、
鉄剣の両面に115文字の漢字が金象嵌で表されていることが
判明します。このため、「金錯銘鉄剣 きんさくめいてっけん」
とも呼ばれるようになりました。

裏側には、雄略天皇と考えられる「獲加多支鹵大王」の文字があり、
これも大きな問題なんですが、今回はふれません。表側には、
「ヲワケの臣。上祖、名はオホヒコ。その児、タカリノスクネ。
その児、名はテヨカリワケ。その児、名はタカヒシワケ。その児、
名はタサキワケ。その児、名はハテヒ。その児、名はカサヒヨ」

四道将軍の一人、大彦命
gfgfh (3)

と刻まれていたんです。剣の持ち主がヲワケという人物。
先祖がオホヒコ(第8代孝元天皇の皇子、大彦命のことか?)で、
そこから続く先祖の名がずらっと6代にわたって書かれています。
で、最後のカサヒヨの息子がヲワケ。最初にこれを見たとき、
自分は、アダムから続く『旧約聖書』の系図が頭に浮かびました。

古代人が、いかに自分の先祖と血筋を大切に考えていたかわかります。
このような氏族が、氏子となって祀ったのが氏神。代表的な
ところでは、藤原氏の氏神が武甕槌命で奈良県の春日神社の御祭神、
源氏の氏神は八幡神。あ、古代史の話を書いていたら、
もうこんなに長くなってしまいました。先を急ぎますね。

次に産土神ですが、その人が生まれた土地の神様のことです。
つまり氏神は血縁、産土神は地縁という違いがあります。
産土神は、もしその人が生まれた土地を離れたとしても、
一生その人を守護し、もし亡くなった場合、霊魂は産土の地に
戻ってくるとされました。

最近は自分の産土神を探すサービスなどもあるようです
gfgfh (8)

最後の鎮守神ですが、これが難しい。氏神、産土神より後に
できた概念で、でき方は2通りあったと考えられます。
平安時代になると荘園制が形成され、貴族や武士、寺院などの
私的領地ができます。これにより、氏族社会が崩壊し、
氏神信仰は衰退していくんです。

その荘園内に新しく神社を建て、鎮守の神を置きました。また、
神仏習合が進み、寺院の中に守護のための神祇が祀られるようになり、
これも鎮守神と呼ばれたんです。鎮守神は、その土地の古くからの
神の場合もあれば、新しく勧請された神の場合もありました。

武士が力を伸ばした荘園制度
gfgfh (7)

さて、近世になるにつれ、氏神、産土神、鎮守神の区別はあいまいに
なっていきます。理由はおわかりと思います。土地から離れる人が
増えたからですね。交通手段が発達し、各地で城下町が
整備されて都市化が進み、大名の国替えなど、
大人数が一度に移住するケースが増えていきます。

血族集団はあちこちの地に散らばり、新しくその土地に入ってきた
人たちが、いなくなった一族の氏神を古くからの土地神として信仰する。
そういった形でごちゃごちゃになっていったんです。そうして、
氏神も産土神も、鎮守神と呼ばれることが多くなりました。

祭礼に参加する氏子
gfgfh (6)

現在、ある神社の氏子には誰でもなれますよね。氏神の周辺に住み、
その祭礼に参加する者全体が氏子で、決まった一族である
必要はなく、氏子総代も、その血族の者でない場合も多いんです。
氏子になると、祭礼に参加するなど、さまざまな役割があります。

さてさて、どうにか説明することができたでしょうか。
まあ、もともと氏神も産土神も土地神としての性格が強かったので、
そこまで大きな違いのないものだったんです。7月に入って
夏祭りの季節になりました。自分も茨城から大阪に移って、
地元の祭礼には参加しています。では、今回はこのへんで。

gfgfh (1)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2574-2d953d1b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する