FC2ブログ

大奥の開かずの間の話

2020.07.10 (Fri)


今回はこういうお題でいきます。カテゴリは妖怪談義で、さすがに
これは怖い日本史には入れられません。さて、大奥とは江戸城内に
存在した徳川将軍家の正室、側室、奥女中らの居場所です。
基本的に男子禁制とされましたが、将軍家の男の子はいたはず
ですし、修理や物品の搬入でも男性は入ってました。

一般に、武士の家屋は表と奥の区別があって、これは場所の区別で
あるとともに役割の区別でもあります。江戸城の場合、表は儀礼や
政治を行うところで、奥が将軍家の日常性格のための場所。ちなみに、
大奥という呼称が定まったのは第5代将軍綱吉の頃とされます。
今でも、ここからきた「奥さん」という言葉を使いますよね。

テレビドラマだと、大奥の女中たちの複雑な人間模様が
描かれることが多いですよね。女中たちは最盛期で1000~
3000人もいたとされ、大奥の最高権力者である
「御年寄」から下働きの下女にいたるまで、
厳しい身分の上下がありました。

江戸城大奥の間取り
キャプチャfdgdgdg

それに春日局のような御乳母という存在もからんできます。
女性だけでその人数が暮らしているわけですから、
さぞやドロドロしたものがあっただろうと想像がつきます。
あ、また筆が滑ってますね。大奥については、いろんな
サイトで解説がありますので、

怪異にしぼって話を進めていきます。まず、身投げする
井戸。ある武家の娘が大奥に奉公に出されましたが、
仕えていた御年寄にさんざんにイジメられ、実家に
戻ろうとしても、家にいる継母がそれを許さない。
そのため、女中は井戸に身を投げて死んでしまいます。



それからなんと、短期間のうちに12人もの女中が身投げを
したんです。大奥がある江戸城本丸には17ヶ所、
西の丸には10ヶ所もの井戸があるのに、女中たちが
身を投げたのはすべて同じ井戸だったんです。

いったん身投げしたものの助け上げられた女中がいて、
話を聞くと、その井戸のそばに寂しそうにたたずんでいる
女性がおり、どうしたのかと近づいていくと、いつのまにか
井戸に落ちていたと話します。このため、その井戸は夕刻に

徳川家慶
キャプチャbfzzvz

なると蓋をするようにしたんですが、それでも身投げは
おさまらない。で、ついにはその井戸はつぶされてしまいます。
女中たちは、最初に身を投げた女の怨霊が仲間を呼んでいるのだ
と噂し合い、たいそう気味悪がったということです。

さて、ここからの内容は、明治から昭和初期にかけての
江戸文化、風俗の研究家である三田村鳶魚の著作から取り上げた
ものです。まあ、眉唾な話だと思って聞いて下さい。
幕末の1853年、第12代将軍家慶が大奥の廊下を歩いて
いると、「宇治の間」と呼ばれる部屋の前に、

三田村鳶魚
キャプチャ

黒紋付を着た老女が平伏しています。不審に思った家慶は、
おつきの中臈たちに、「あれは何者か」と問いますが、中臈には
その女は見えません。ですが、将軍に向かって「何もいません」
とは言えず、てきとうに答えたんですが、それからまもなくして、
家慶は熱中症によるとみられる心不全で急死してしまうんです。

年齢は60歳でしたので、江戸時代では長命なほうです。
では、この家慶が見たという老女はいったい何者なのか。
じつは宇治の間は、ある事情があって閉鎖されていた、
いわゆる開かずの間だったんです。家慶から150年ほど前、
上で少し名前が出た、第5代綱吉の時代のことです。

徳川綱吉


綱吉と言えば、生類憐れみの令を敷いたことで有名ですよね。
それと、側用人である柳沢吉保を重用し、吉保は異例の出世を
重ねていきます。吉保には染子という側室がいましたが、
綱吉はその女性にたいそう目をかけていました。

綱吉の正室、御台所である(鷹司)信子はそのことを気にして
いましたが、染子は大奥外にいてどうにもなりません。
そうしているうち、綱吉は継嗣として決定していた綱豊を廃嫡し、
なんと、表向きは柳沢吉保の子である吉豊を継嗣にすると
言い出します。吉豊は将軍家の血筋ではないので、

開かずの間のイメージ
キャプチャdzfddgdg

ありえない話なんですが、後を続けます。信子は何度も綱吉を
説得するものの埒が明かず、ついに綱吉を宇治の間に呼んで
懐剣で刺してしまいます。綱吉は逃げ出そうとしたものの、
その間に控えていた御年寄(伊豆局)に抱きとめられ、さらに
刺されて絶命。その後、信子も御年寄も後を追って自害します・・・

そんなわけはないですが、世間がこの噂を信じてもてはやした
のも記録に残っています。おそらく、生類憐れみの令などの
悪法が民衆の恨みを買っていたせいでしょう。幕府の発表では、
綱吉は成人麻疹によって亡くなったとされ、64歳でした。

キャプチャffsh

ただ、信子が綱吉の死後ひと月もたたないうちに亡くなったのは
事実で、やはり流行中の麻疹だったとされます。まあ、
さすがに綱吉が正室に殺されたというのは信じがたいですよね。
家慶が見た老女は、宇治の間にひそむ御年寄の亡霊なんでしょうか。

さてさて、ということで大奥の怪異を見てきましたが、
この他にも、大奥の床下には「おたん狸」という狸が棲んでいて、
(おたんは「お頼み申します」の略)さまざまな形で女中たちを
化かしたとも言われます。では、今回はこのへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2589-efbb05dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する