取り立て屋

2013.07.15 (Mon)
知り合いのヤクザから酒飲んで聞いた話。
ヤクザっても正式な組員じゃないんだけどな。
そいつは十年くらい前まで兄貴と組んで闇金の取り立てやってた。
ずいぶん非道いこともしたらしい。
町の工場を経営してた老夫婦の前で壁を蹴ってたら、
そいつらが自己破産するって言い出したから、
あらかじめ調べてた息子や娘の住所をしゃべって、
んじゃあこいつらのとこにも行くから、
こいつらの勤め先にも行くからって言ったらしい。
もともと闇金自体が違法だしそのあたりはあんまり関係ねえからな。
それで次の日ジイさんは踏切で鉄道自殺。
バアさんは行方知れずになった。
工場や家は何重かに抵当に入ってて表の借金に取られたが、
そいつと兄貴は息子らのとこを回ってどうにか金は回収した。

そいつの兄貴は墨を入れてて、
それが趣味の悪いことに四谷怪談のお岩さんと伊右衛門の図柄。
もう彫ってからだいぶんたつんだが、
お岩さんの目の上のはれが右の後ろ肩にあって、
そこにできものができてひどく痛む。
んで医者にいくまでもないだろうってんで、
そいつに小刀で切らせたんだが、
そしたら血膿に混じって明らかに人の歯としか思えないものが、
ボロッと出てきた。
それから兄貴の背中はできものだらけになって、
今度は医者に行ったが、
やっぱり切除するたびに人の歯が出てくる。
それも虫歯の治療痕まである成人の歯で医者も相当困惑したらしい。
それでレントゲンを撮ってもなんもない。
だけど次の週になればできものができて切れば歯のかけらが出てくるんだ。

兄貴は入院してさんざん検査され、
その過程で重い膵臓癌だかにかかってることがわかった。
んで毎度見舞いに行くたびにベッドの下に何かがいるから見てくれって言われて、
のぞいてはみるんだけど何もいない。
そらそうだよな。
別にのぞかなくったってベッドの下は素通しで見えるんだし、
毎日掃除のおばはんが来てるんだし。
んでも兄貴はベッドの下に怖ろしいものがいて、
毎日夜中に腰のあたりに噛みついてくるって言い張ってた。
あの強面の人が歯をガチガチ鳴らして怖がってたっていう
医者は痛みや不安からくる幻覚か特殊な薬の副作用だろうと説明したらしいけどな。
その頃にはもう歯は出なくなってたが背中の自慢の入れ墨も、
できものの痕で非道い有様だったらしい。

んで病院には兄貴のかみさんや子どもも見舞いにくるんだが、
そいつが姉貴から家の中で異臭がするって相談された。
兄貴の家は郊外の一軒家で都会じゃないから土地は安いが、
建てたばかりの瓦屋根の立派なやつ。
それでそいつの他に2~3人で行ってみたが、
たしかに庭から家の中から腐臭が漂ってる。
もう鼻つままなきゃいられないくらい。
それで手分けして調べたんだが、
野良犬の死体でもないかって縁の下にもぐってたやつが悲鳴をあげた。

何が見つかったかっていうと、
上で書いた工場の行方不明になってたバアさんだ。
裸足の着物姿で縁の下で上を向いて真ん中ら辺の太い柱に齧りついてた。
腐敗が進んで骨の見えてる部分もあったし柱のわきには歯がぽろぽろこぼれてたっていう。
こう書けば兄貴の背中から出てきた歯がそれかと思う人がいるだろうが、
照合して調べるなんてことはもちろんしていない。
んでこれは警察には知らせず内々に組で処分したらしい。
それはヤーの家で死体が出てきて疑われないわけがないし、
家の中にはいろいろとまずい物もあったんでな。

兄貴はそれから一週間ばかりで死んだ。
最期はずっと薬で眠らされてたらしい。
・・・この話で間違いなく事実なのは取り立てでジイさんが死んだことと、
バアさんが行方不明のままなこと、
そいつの兄貴が癌で死んだことだ。
歯が出てきたことやバアさんの死体が縁の下から出てきたのは嘘かもしんねえ。
しかしそいつがそんな作り話をする意味もわかんねえけども。
とにかくそいつはカタギになったわけじゃあねえが、
今は馬関係のわりと楽なシノギをやってる。
おめえに祟りはねえのかって聞いたら下を向いて笑いやがったな。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/26-4737f028
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する