FC2ブログ

小豆洗いとレインマン

2020.08.02 (Sun)
gh (6)

今回はこういうお題でいきます。もちろん妖怪談義です。
さて、「小豆洗い」ですが、夜に川の近くに行くと、姿は
見えないんですが、ショキショキという小豆を研ぐ音がする。
しかしあたりに人がいるはずはない。そういう妖怪です。

アニメの『ゲゲゲの鬼太郎』では、粗末な野良着を着た
爺さんの妖怪で、特徴のある髪型をしていました。
仲間に、小豆はかり、小豆婆がいて、現代では、家庭で
あまり調理されることがなくなった小豆の復権のために
立ち上がるという筋立てでした。

小豆の栄養価は高く、タンパク質も豊富なんですが、
赤飯や餡は出来合いのものを買う家が多くなり、家庭で
小豆を炊くのは珍しくなりましたし、小豆が中身の
お手玉を作る家も少ないでしょうからね。

gh (7)

これだけだと全然怖くないと思われるかもしれませんが、
伝承の中には「小豆洗おか、人とって喰おか ショキショキ」
という歌を歌い、その音に気をとられてしまうと、
知らずしらず川べりに連れ込まれて落とされてしまう、
といった話もあります。

この妖怪の特徴としては、誰も姿を見たものがいないということで、
音だけの怪異なんですね。ですから、何らかの自然の音の誤認と
考えられることが多いようです。例えば、イタチ、狸、狐といった
定番の動物から、ガマガエルが背中をこすり合わせる音だとか、

小豆のお手玉
gh (8)

チャタテムシという虫ではないかと言われたりしています。
まあ、その可能性は高いように思います。ですが、それを結論に
してしまうと さすがにツマラナイので、ちょっと意表をつくものと
こじつけた記事になります。ここからが腕の見せどころ。

さて、もう一つのお題になっている『レインマン』は、1988年の
アメリカ映画で、ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ主演。
第61回アカデミー賞を受賞しています。名画と言われる作品なので、
みなさん、ストーリーはご存知だと思いますが、いちおう簡単に
説明すると、長い間 没交渉になっていた金持ちの父親が死に、

gh (3)

長男(ダスティン・ホフマン)に、ほぼすべての遺産を譲るという
遺言が残された。弟(トム・クルーズ)は、兄から遺産を
かすめとるべく、サヴァン症候群のために施設にいた兄を、
強引にロサンゼルスに連れ出すのだが・・・といった内容。

サヴァン症候群とは、「知的障害や自閉症などの発達障害等のある
人が、その障害とは対照的に、特定の分野で優れた能力を示すこと」
となっています。特定の分野とは、記憶力、音楽、絵画などですが、
この映画の場合、兄は、分厚い本でも1回読んだだけで完全に覚えて
しまうという並外れた暗記力と、4桁の掛け算を瞬時にこなすなど、

サヴァン症候群の人物の絵
gh (1)

数字に強いという特性を持っていました。ただし、お金の観念がなく、
本も丸暗記なため、物語の内容などは理解していません。
感動的な人間ドラマとして、今でも評価が高いですし、
何人ものサヴァン症候群の患者と面会したという、
ダスティン・ホフマンの演技が素晴らしかったですね。

さて、ではこの映画と小豆洗いが、どう関係があるのかというと、
下の画像をご覧ください。これは鳥山石燕の妖怪画ではなく、
幕末の1841年に刊行された『絵本百物語』で、
著者は桃山人、絵師は竹原春泉斎です。
まずは詞書を読んでみましょう。ふむふむ。

gh (5)

「山寺の小僧、谷川に行てあづきを洗ひ居たりしを、同宿の坊主、
意趣ありて谷川へつき落しけるが、岩にうたれて死したり、
それよりして、彼の小僧の霊魂、おりおり出て小豆をあらひ、
泣つ笑ひつなす事になんありし」殺人事件の話なんです。

殺されたのは、越後国の高田(現 新潟県上越市)の法華宗の
寺にいた日顕(にちげん)という小僧で、体に障害を持っていたが、
物の数を数えるのが得意、小豆の数を一合でも一升でも、
間違いなく言いあてることができた。寺の和尚は小僧を可愛がり、
いずれ住職を継がせようと考えていたが、

それに嫉妬した円海という同房の僧が、この小僧を谷川に
投げ込んで殺した。以来、小僧の霊が夜な夜な雨戸に小豆を投げつけ、
夕暮れ時には、近くの川で小豆を洗って数を数えるようになった・・・
結局、罪は発覚し、殺人者の円海は死罪になったようです。

『レインマン』のモデルとされるキム・ピーク氏
gh (2)

この日顕の小豆の数を正確にあてる能力は、まさに
サヴァン症候群そのものではないでしょうか。『レインマン』の
ダスティン・ホフマンも、100個以上の物の数を
瞬間的に把握する能力を持っていました。

さてさて、なんとか話がつながったようです。妖怪小豆洗いは、
無残に殺された才能ある人物の無念の霊と読み解きます。
そう考えると、やはりなかなか怖い妖怪なんですね。
では、今回はこのへんで。

gh (4)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2634-24207dd7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する