FC2ブログ

『北斗の拳』と五斗星君

2020.08.08 (Sat)
dd (7)

今回はこういうお題でいきます。漫画の『北斗の拳』は
みなさんご存知と思います。1983年から少年マンガ誌に
連載された、原作・武論尊、作画・原哲夫のコンビによる作品です。
子どもの頃に読まれたという方も多いんじゃないでしょうか。

近未来の、弱肉強食の荒廃した世界を舞台に、北斗神拳の
伝承者であるケンシロウが、兄弟と相克しながら悪を倒していく
といった内容でした。作中では明確には示されてはいません
でしたが、北斗神拳はおそらく中国拳法の一種と思われます。

北斗神拳の大きな特徴としては、まず一子相伝であること。
正式な伝承者が一人しかいないということが、争いを生む
原因になっていました。次に、陰拳であること。
つまり、暗殺に使われる拳なんですね。そのため、
人間の体を内部から破壊する技が研究されたわけです。

dd (6)

相手の経絡秘孔を突くことにより、体内の気や血の流れを
異常促進させ、細胞を破壊する。ケンシロウに秘孔を突かれた
敵は、「あべし」 「ひでぶ」といった変な悲鳴を発して、
内部から爆発するように死んでしまいます。

経絡とは、東洋(中国)医学における最も重要な概念で、
人体の中の気血栄衛(気や血や水などといった生きるために
必要なもの、現代で言う代謝物質)の通る道筋と考えられて
います。ですから、北斗神拳は医学にも応用できるんです。

中医学の経絡(クリックで拡大できます)
dd (8)

さて、これと対になった陽の拳が、南斗聖拳です。こちらは
北斗神拳と異なり一子相伝ということはなく、表の世界の
拳法ですから誰でも学ぶことができ、さまざまな流派があります。
攻撃法も、北斗神拳のような内部破壊ではなく、鋭利な刃物を
用いたかのように相手を切り裂き、貫く技が特徴でした。

北斗神拳は気を重視し、南斗聖拳は物理的な攻撃を重視すると
言っていいかもしれません。南斗聖拳は、北斗宗家から
分かれた拳法の一つで、元々北斗の伝承者争いに敗れた者や、
他の優れた拳法家が集まって「南斗」を名乗ったのが始まりと
されているようです。

五斗星君
dd (2)

さて、ここで話を変えて、中国の道教には数百の神様がいますが、
その中で、星の神は「五斗星君」と呼ばれます。
東斗星君、西斗星君、北斗星君、南斗星君、中斗星君ですが、
5つに分かれているのは、五行説からの影響です。

この中で、実際の星座をもとにしているのは北斗、南斗の
2つだけ。北斗のほうは、みなさんご存知の北斗七星。
南斗は、いて座の上半部と弓の一部にある明るい星、南斗六星の
ことです。ちなみに、この方位は天球上のもので、南斗星が
南半球から見えるというわけではありません。

南斗六星
dd (4)

それぞれの星神は人間の運命を司っており、東斗星君は計算、
西斗星君は護身、中斗星君は保命を担当しています。
そして、南斗星君は人間の寿命と爵祿(立身出世のこと)を
受け持っているため、現代でもたいへんに厚く信仰されています。

これに対し、北斗星君は人間の死を司ります。この中で最も
恐ろしい神なんですね。神々の風貌は諸説あったんですが、
現代中国では、南斗星君は白髪、白髯の上品な老人、
北斗星君は、真っ黒な顔にギョロ目の恐ろしい様子で
表されることが多いですね。(下図参照)

南斗星君と北斗星君
dd (3)

中国4世紀、晋代に書かれた怪異小説、『捜神記』にはこんな
話が載っています。「過去や未来を見ることができる
管輅(かんろ)という道士が、道をいく一人の青年に目をとめます。
観ると、その青年の寿命は残りわずかとなっていました。

気の毒に思った管輅が名を聞くと、青年は顔趙(がんちょう)と
答えます。さらに、管輅が寿命があと少しと迫っていることを
告げると、顔趙は驚き怖れ、どうにかならないかと管輅に泣いて
すがります。管輅は、うまくいくかどうかわからんが、
ずっと南にある大きな桑の木の下で碁を打っている2人の男に、

dd (5)

黙ったまま上等の酒と干した鹿肉を差し出せ、何か聞かれても答えず、
ただうなずいているだけにしなさい、と教え、顔趙が南に向かうと、
はたして2人の男が夢中になって碁を打っていました。顔趙は
言われたとおり、さりげなく側にいて、男たちに酒をつぎ
干肉を給仕します。やがて勝負がつき、北側の男が顔趙に気づいて

なぜここにいるか、と叱ります。南側の男は鷹揚に笑い、そうは
言ってもこの人にずいぶんごちそうになってしまった。このままでは
済ませられないと、かたわらから帳簿を取り出し、顔趙の
享年が19と記されているところを90に直してくれた・・・」
こんな話が残ってるんですね。もちろん南側の男が南斗星君です。

dd (1)

さてさて、『北斗の拳』原作の武論尊氏は、当然この中国の
故事は知っていたでしょう。そして、道教の陰陽五行説が漫画の
世界観に生かされてるんだと思います。ということで、
今回は『北斗の拳』と道教のお話でした。では、今回はこのへんで。



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2651-e0b2dc6d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する