FC2ブログ

魔法学入門その1

2020.08.11 (Tue)
gfgfd (4)

今回はこういうお題でいきます。オカルト論です。
何から書いていきましょうかね。そうだ、みなさんは
「魔術」と「魔法」がどう違うか、おわかりでしょうか。
これ、なかなか難しい質問だと思います。

結論から言うと、特に違いはないんです。日本語の訳語の違い、
と考えていいかもしれません。英語では、
魔法= magic、witchcraft 魔術= magic、witchcraft
・・・同じものなんです。ところが、日本語にすると違う
感じがします。これ、なぜなんでしょう。

自分が考えるには、『グリム童話』などの童話に出てくる
場合、魔法と訳されるからじゃないでしょうか。魔法のほうが、
なんとなく魔術よりもやわらかい感じがするのは、
そのためじゃないかと思います。

「アバダ・ケダブラ」
gfgfd (5)

映画の『ハリー・ポッター』シリーズも、原作が児童文学として
始まったため、「魔法」と翻訳されています。
ちなみに、魔法の場合は、術者は魔法使い、魔術の場合は
魔術師となりますが、英語ではどちらも、wizard、witch 。
magician は手品師という意味が強いですね。

さて、では次の質問。みなさんは魔法というと、まずどんな術を
思い浮かべられるでしょうか。やはり『ハリー・ポッター』の
影響が強いので、「アバダ・ケダブラ(息絶えよ)」
「エクスペリアームス(武装解除)」なんかだと思いますが、
あのシリーズを知る以前だったら?

ディズニー映画の『魔法使いの弟子』に出てくる、箒に仕事を
させる呪文を思い浮かべる方もおられるかと思います。
たしかに、あれができれば便利ですよね。箒を働かせて自分は
遊んでればいいわけですが、あまりに便利すぎて、
弟子は大失敗をしてしまいます。

『魔法使いの弟子』
gfgfd (2)

自分の場合、『グリム童話』などの中でたびたび出てくる、
人間を動物に変える魔法の印象が強いです。「かえるの王様」
という話では、ある国の王女が、森の泉に金の鞠を落としてしまう。
そこへカエルが出てきて「自分を王女様のお友達にしてくれて、

あなたのベッドで寝かせてくれるのなら、拾ってきてあげよう」
と申し出ます。王女は条件をのむが、鞠を取りもどしたとたん、
カエルを置き去りにして走って城へ帰ってしまいます。
この後、すったもんだがあるんですが、最終的にはカエルの
魔法が解け、別の国の王子であることがわかります。

この場合、魔法は spell(呪文) というより curse(呪い) と          
呼んだほうが適切でしょう。王子、王女などの高貴な人物が、
悪い魔法使いによって醜い生き物に変えられ、ある一定の
条件が叶えられれば、その魔法が解ける。だいたいは
ハッピーエンドで終わりますが、そうでない場合もあります。

『白鳥の湖』
gfgfd (6)

有名なバレエの『白鳥の湖』では、悪魔によって白鳥に
姿を変えられた娘 オデットが、ジークフリート王子の愛を
得られれば魔法が解けることになります。ですが、王子は
悪魔に騙され、別の娘に求婚してしまいます。

間違いに気づいた王子は、激しく戦って悪魔を倒しますが、
それでも魔法は解けず、結局、絶望した王子とオデットは
湖に身を投げて来世で結ばれる・・・で終わるんです。
バッドエンドなんですが、これは例外と言えるでしょう。

月へ帰るかぐや姫
gfgfd (7)

なぜこういう話ができたかは、だいたい想像がつきますよね。
イボだらけのヒキガエルが、じつは美しい王子だったというのは
意外で、話を聞いた子どもが喜びそうですし、大人でも、
自分がその王子だったらと、空想の翼を広げることができます。
民衆受けしそうなパターンなんです。

ところが、日本の民話には、これに類する話は少ないんです。
なぜなんでしょうか。まず一つには、魔法使いという存在が、
日本では一般的ではなかったことがあげられるでしょう。
そのかわりというか、「山姥」とか「さとり」、狐狸などの
妖怪が悪役として出てくることが多い。

gfgfd (3)

また、西洋の領主と日本の殿様の違いということも
あるかもしれません。ただ、日本でも、貧しい農民の若者が、
知恵を使ってお姫様や長者の娘と結婚するというような話は
ありますし、また「異類婚姻譚」といって、人間が人間以外の
動物と結婚する「鶴女房」のような話もあります。

あとは「貴種流離譚」という、若い神や英雄が異郷を
さまよいながら試練を克服し、尊い存在となるとする説話も
多く見られ、『竹取物語』などは、ちょっと変形した
貴種流離譚と言っていいんじゃないかと思います。

イタチに変えられたマルフォイ、この呪文は原作には出てこない
gfgfd (1)

さてさて、このように、民話に出てくる魔法一つとっても、
文化の違いというのが表れていて面白いなあと思います。ちなみに、
『ハリー・ポッター』の原作には、「アニメーガス(動物もどき)」
という、自分を動物に変える呪文はありますが、他人を動物にする
呪文は出てこないんです(映画では出てくる)。では、このへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2660-2804f66a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する