FC2ブログ

素数ゼミとシケイダ3301

2020.09.12 (Sat)
cc (6)

今回はこういうお題でいきます。オカルトブログらしい内容
ですね。さて、みなさん、セミは英語で cicada(シケイダ)です。
では、セミの鳴き声は英語でどう表現するでしょうか?
これ、じつはどこでも通用するような単語はないんですね。

どうしてなんでしょう。よくある説明としては、日本人は
世界の中でも特殊で、虫の鳴き声を「声・言葉」として
左脳で聞いている。松尾芭蕉の名句に、
「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」がありますよね。

素数ゼミ
cc (1)

これに対し、多くの外国人は、セミの鳴き声などは「雑音」
として右脳でとらえている。だから、セミの声を表す
擬音語がないのだ・・・ まあ、これがどこまで本当かは
わかりません。一般に英語ではブンブンというような雑音は
bazz が使われることが多いですね。

さて、素数ゼミ(周期ゼミ)の話は有名ですので、ご存知の方も
多いと思います。素数は、1とそれ自身以外に約数を持たない
数ですね。で、アメリカには100種以上のセミがいることが
知られていますが、その中で、Magicicada 属に属する複数の種は
13年、または17年周期で成虫になり、大量発生します。

cc (3)

17年周期のセミが3種、13年周期のセミが4種いて、
13と17は素数なので素数ゼミ。なぜそうなっているか。
これはもちろん、種にとって生存に有利だからでしょう。
一つの説明としては、素数年での同時発生は、

やはり数年周期の生活環を持つ捕食者や寄生虫が同期して
発生する可能性を抑えられるというものです。例えば4年周期で
大量に生まれる寄生虫と成虫の生存期が重なりにくい。
もう一つ、日本人の生物学者、吉村仁氏は、他の周期をもつセミの
種と交雑しないため、と説明しています。

ジュリアス・シーザー
cc (8)

さて、シケイダ3301の話に入ります。2012年1月、アメリカの
ネット掲示板に、「われわれは賢者を探している。このテストに
答えてほしい」という英語のメッセージが投稿されました。
メッセージの最後に3301とあり、これが投稿者名のようです。

このメッセージとともに、不気味なセミの画像がアップロード
されていたので、世界のネットユーザーから「シケイダ3301」と
呼ばれるようになり、謎解きが試みられました。
その中の一人が、スウェーデン人のコンピューター・アナリスト、
ジョエル・エリクソンという男性。

cc (7)

彼はコンピュータやネット関連の専門家です。彼はまず、
セミの画像を解析して、テキストが隠されていることをつきとめます。
テキストには、ローマ皇帝のシーザー(カエサル)の語が含まれて
いました。シーザーは「シーザー暗号」を使ったことで知られています。

シーザー暗号は、例えば「あいう」を「えおか」というようにずらして
構文する簡単なもので、エリクソンが一見無意味に見えるテキストの
文字列をスライドさせてみると、あるホームページのURLが浮かんで
きました。しかし、そのページにはアヒルのデコイの画像と、
「引っかかったな、どうやら君には無理だったようだ」という

cc (4)

小馬鹿にしたメッセージがあったんですね。しかしここでエリクソンは
あきらめず、そのメッセージを解読し、中にマヤ文明の数字が暗号化
されているのを発見します。それをヒントに、文章を再構成すると、
アーサー王伝説に関わる詩「アグリッパ」が出てきました。それと
カモの画像のブックコードを組み合わると、電話番号になったんです。

もちろんかけてみました。すると「よくここまでたどり着いた。
最初のセミの画像に含まれる3つの素数をかけ合わせた場所で
待っている。その一つは3301」という声が流れてきたんです。
セミの画像の素数は、ピクセル数でした。縦509、
横503ピクセル。かけ合わせると、845145127。

cc (5)

この数字で検索すると、巨大な時計と蝉の画像が表示されている
サイトが出現。ここまでたどりついた人はかなりいました。
時計はカウントダウンを刻んでおり、1月9日に数字が0になると、
世界14ヶ所のGPS座標が表示されたんです。場所は、アリゾナ、
カリフォルニア、パリ、ソウル、ワルシャワ・・・

そこへ行ってみると、またセミの画像とQRコードが描かれたポスターが
貼られてあり、コードを読み取ると「君たちはあまりに多くの
情報を漏洩させてしまった。われわれが求めるのはベストの人間で
あって、その後を追いかけるものではない。最初の数名しか報酬は
得られない」協力して謎を解いたのではダメだということでしょう。

cc (2)

さてさて、このシケイダ3301の正体について、CIAなどの諜報機関が
優秀なハッカーなどの人材を探した説、何らかのカルト宗教団体が
行ったという説。ヴァイラルマーケティングのテスト説、
たんなるイタズラ説などが出されています。

イタズラにしては大がかりですが、ネット技術は必要なものの、
意外にお金はかかっていません。世界14ヶ所にポスターを
貼ったのは、ネットで知り合った協力者がいればできることですよね。
ということで、みなさんはどう思われますでしょうか。
では、今回はこのへんで。

cc (9)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2735-95a127e8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する