FC2ブログ

伊賀流と甲賀流

2020.09.13 (Sun)
xxx (5)

今回はこういうお題でいきます。まあ忍者の話なんですが、
日本史の中でも、忍者の存在ほど脚色されているものはなく、
現代のイメージはまったく実体とかけ離れています。
そしてそれが、外国にもジャパニーズ・ニンジャとして
紹介されてるんですね。

これはもちろん忍者自身のせいではなく、講談本や映画、
劇画などの影響です。自分はさすがにやったことは
ありませんが、昔の子どもの中では、口に巻物を咥え、手に印を
結んでドロロンと消えるといった遊びがあったみたいですね。

キャプチャff

ちなみに、敵から逃げる戦法を「遁術 とんじゅつ」と言い、
江戸時代の忍法書には、中国の陰陽五行説からとられた
「五遁の術」が載っています。本題と関係ないですが、
興味深いものですので、ご紹介しておきましょう。

木遁・樹木、材木、草原、稲田、麦畑などに隠れて敵の目を
   ごまかす。木ノ葉隠れ、草葉隠れなどとも言います。
火遁・火や火薬、煙玉などを利用して敵の注意をそらす。
土遁・必ずしも土の中に隠れるということではなく、
   地形を利用して逃げる術。
金遁・敵を買収する術。  水遁・ 水を利用して逃れる術。

xxx (1)

さて、みなさんは山田風太郎の時代小説というか奇想小説、
『甲賀忍法帖』をお読みになられたでしょうか。これ、自分は
日本の娯楽小説の中でも10本の指に入る傑作だと考えて
います。山田忍法帖の第1作で、後年のもののように
エロやナンセンスは強くなく、かなりシリアスです。

あらすじは、甲賀卍谷と伊賀鍔隠れに潜む一族は不倶戴天の仇敵で
あり、家康は第3代の将軍選びを、甲賀対伊賀の忍法争いによって
決めることにした。それぞれが10人ずつの代表忍者を出し、
最後まで生き残ったほうが勝ち。双方の忍者は、
人間とは思えない異常な技を持った者ばかり・・・

xxx (6)

これ以外にも、伊賀と甲賀の対立を描いた作品は多いですが、
史実としては、そこまで仲が悪かったわけではありません。
地理的に近い位置にあったので、ときに協力し、とにきは
対抗するといった関係だったと考えられています。

甲賀流は、「こうが」と読まれることが多いんですが、正しくは
「こうか」で、近江国甲賀の地に伝わっていた忍術流派です。
現在の滋賀県甲賀市(こうかし)、湖南市に拠点がありました。
戦国時代は六角氏に属する形でしたが、自治を認められるなど
独立性が高かったようです。

芥川九郎右衛門
xxx (7)

有名な忍者としては、望月与右衛門、鵜飼孫六、芥川九郎右衛門
などがいます。芥川の逸話として、体を透明にすることができた。
薪割りをしていたとき、刺客が離れた物陰に隠れていたが、
薪に斧をふり下ろしたとたん、刺客の右腕も肩から切り落とされた。

松本藩に仕えていましたが、酒宴で藩主が、座興に何か忍術を
見せよと命じたものの、芥川は平伏したまま。しかし、
そのとき踊っていた十数人の女たちから悲鳴が上がり、見ると、
すべての女は腰巻きを引き下ろされ、それらが投げ上げられて
宙に舞っていた・・・といった話が残っています。

2代目 服部半蔵正成
xxx (3)

伊賀流は、伊賀国の地に伝わっていた忍術流派の総称で、
本拠地は現在の三重県伊賀市と名張市にありました。戦国時代は
伊賀守護、仁木氏に属しながらも、甲賀同様に合議制の
自治共同体を形成していました。有名な忍者としては、
百地丹波、服部半蔵などですが、半蔵については後述します。

この両流派が徳川家に用いられるようになったのは、ご存知の
方も多いでしょうが、本能寺の変からです。そのとき、
家康は少人数で上方を回ってましたが、信長の盟友であったため、
大きな危機に直面しました。

家康の伊賀越えルート(諸説あります)
xxx (2)

しかし、配下の服部半蔵の手配により、大阪の堺から、 
伊賀の険しい山道を越えることで、無事に本国三河に帰り着き
ました。このときに家康を護衛したのが、伊賀衆と甲賀衆
なんですね。これ以降、半蔵は忍者の頭領とされ、江戸幕府に
なると四谷に館を下され、その付近は伊賀町と呼ばれました。

この服部半蔵は、2代目の 服部半蔵正成ですが、
忍者ではなかった(忍術を使わなかった)というのが定説です。
松平氏(徳川氏)の譜代家臣で徳川十六神将、鬼半蔵の異名を持つ、
れっきとした武将だったんですね。その槍と称されるものが

半蔵門
xxx (8)

残っていますが、長大で、おそらく体が大きく体力があったと
思われます。戦場でも、一番乗り、一番槍などの武功を上げており、
忍者のイメージで見られるのは、ちょっとかわいそうでもあります。
江戸城西門の警備を担当し、その外に屋敷を構えたので、
「半蔵門」の名が残っていますね。

さてさて、ということで、今回は忍者のお話でした。
これ以外にも、風魔、根来、真田忍軍などが創作には登場しますが、
それについても、機会があれば書いてみたいと思ってます。
では、今回はこのへんで。

xxx (4)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2738-3c0eb48a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する