FC2ブログ

百鬼夜行と水銀中毒

2020.09.18 (Fri)
xxx (4)

今回はこういうお題でいきます。妖怪談義ですね。
ただし、この内容は、どちらかというと歴史面白話のような
もので、実際の史実かは疑わしいです。
その点をご承知の上、お読みくださるようにお願いします。

さて、どこから説明していきましょう。まず、百鬼夜行からかな。
この言葉、「ひゃっきやこう」と読まれることが多いですが、
平安時代の頃は「ひゃっきやぎょう」ではなかったかと思います。
深夜に徘徊、行進する鬼や妖怪の群れのことですね。
この場合の百は「たくさん」という意味です。

賀茂忠行
xxx (7)

夜に外出して百鬼夜行に出会うと、必ず死んでしまうと言われました。
街灯もない平安時代の頃ですから、夜に出歩かなければ
いいじゃないか、と思われるかもしれませんが、当時は
通い婚でしたので、「妻問 つまどい」をするには、
夜半に牛車を歩ませなくてはならなかったんです。

『今昔物語』には、百鬼夜行に出会った話がいくつか出ています。
有名なのは、陰陽師、安倍晴明の幼少時の逸話ですね。
安倍晴明がまだ弟子入りしたばかりの頃、夜、師の賀茂忠行に
随伴して歩いていると、たくさんの鬼どもがそろって大路を
歩いてくるのが見えた。

安倍晴明
xxx (6)

いち早くそれに気づいた晴明は、牛車の中で寝入っていた忠行を起こし、
事態を報告。急を知った忠行は術により鬼どもを退けた。
このことで忠行は晴明の見鬼の才を知り、陰陽道のすべてを教え、
晴明もそれを瓶に水を移すように吸収した・・・こんな話です。

現代でも、いわゆる「見える人」というのが怪談には出てきますが、
それを「見鬼の才」と言い、陰陽師の重要な資質だったんです。
平安時代は、「方違え」 「物忌み」などの呪術的行為がたいへんに
流行し、百鬼夜行も、それが起きる日は決まっているとされました。

聖武天皇
xxx (3)

「子子午午巳巳戌戌未未辰辰」と言いまして、1・2月は子の日、
3・4月は午の日、5・6月は巳の日、7・8月が戌の日、
9・10月が未の日、11・12月が辰の日ということで、
貴族は外出を避けていたんです。また、もし百鬼夜行に
遭ってしまったらどうするか。

「カタシハヤ、エカセニクリニ、タメルサケ、テエヒ、アシエヒ、
ワレシコニケリ」という呪文を唱えると、害を避けることができると
言われていたようです。この呪文の意味については今回はふれません。
あるいは、お経の中で特に「尊勝陀羅尼経」を唱える。覚えていない
場合は、着物の背に、書いたものを縫いつけておくだけでも効果がある。

水俣病の男児
xxx (8)

さて、ここで話を変えて、水銀中毒ですが、水銀は常温で凝固しない
唯一の金属です。昔の体温計には水銀が使われていましたが、
金属毒性が強いんですね。古代の中国では、水銀は不老長生の
妙薬とされてきましたが、その服用によって命を縮めた
可能性があり、かの秦の始皇帝もその一人です。

近代の日本でも、有機水銀中毒による水俣病事件が起きています。
で、これが百鬼夜行とどう関係があるかというと、
「奈良の大仏」なんです。正式名は、東大寺盧舎那仏像。
聖武天皇の国家鎮護の発願で、745年に制作が開始、
752年に開眼供養会が行われています。

東大寺盧舎那仏
xxx (5)

現在の奈良の大仏は、青黒い渋い色合いですが、できた当時は
塗金されていました。この塗金に使われたのが、水銀アマルガム法。
金と水銀を1:5の比率で混合してアマルガムとし、
これを塗って加熱し、塗金を完了するのに5年かかっています。
また、この工程で砒素も使われました。

これほど大量の水銀が一度に使われたのは、世界でも類例がありません。
加熱時に発生する水銀の蒸気はきわめて有毒なんですが、すでに
東大寺大仏殿ができてから塗金が行われ、換気が十分では
なかったんですね。その仕事をしていた職人、
数百人の間に不思議な病気が流行りだしたんです。

金アマルガム法による塗金
xxx (2)

水銀中毒の急性症状としては、急性症状としては流涎(よだれ)、
おう吐、腹痛、下痢、頭痛・・・ 慢性症状が運動失調、歩行異常、
四肢反射の異常、抹消知覚障害、感覚鈍麻など。
病気になった職人のために、これを専門に治療する救護院が設けられ
ましたが、当時の医療では治らなかったでしょう。

さて、ここで水銀中毒と百鬼夜行の関係ですが、多くの方はすでに
お気づきと思います。これらの職人や庶民にも水銀中毒者が続出し、
手足が不自由になり、忌避されて山などに籠もる。
そういった人々が、夜になって食料を求めて出歩いたのが
百鬼夜行の始まりであるという説があるんですね。

大仏の造立法
xxx (1)

これ、みなさんはどう思われますでしょうか。今に残る百鬼夜行図を
見れば、妖怪の多くは付喪神(つくもがみ 古くなった器物、道具)
であり、必ずしもこの説が正しいとは言い難い気もするんですが、
自分なんかは、面白い着眼点だなあと思っています。

さてさて、ということで、鎮護国家のために造立した奈良の大仏ですが、
たくさんの水銀中毒者を出したのは残念なことです。
歴史には、こういう秘話がいろいろあって興味が尽きません。
では、今回はこのへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2749-e1e549d4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する