スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い話のパターン2

2014.03.03 (Mon)
 今回は、前に書きかけて収拾がつかなくなって放置した項の続きです。
なぜ収拾がつかなくなったかというと、一つ一つのパターンに対して自分の思うところを
書いていったからだと思います。ですので今回は箇条書きでいきます。
なおオカルト要素のない怖い話(ストーカーとか)は含みません。(きりがないので)
関連記事『怖い話のパターン1』

・~を見た、体験した系
 夜道を歩いていたら~ 山登りをしていたら~ 会社で残業をしていたら~

・心霊スポットに行った系
 〇〇トンネルに仲間5人で出かけたら~ 廃病院の内部の写真を撮ろうと思って~

・心霊写真・テープ・ビデオ系
 そこにいた覚えのない人が写ってるんだ、ちょっと見てくれよ~

・ネット・PC・携帯電話系
 噂を聞いてやっとそのサイトを探し当てたんだ~ その着信履歴が実に奇妙だったんです~

・禁じられた場所に行って祟りを受ける系
 じいちゃんから絶対行くなと言われてた裏山に~

・禁じられたことをして怪異に遭う、祟られる系
 裏の納屋の中を見てはいけないと~ 夜勤で仮眠室の上のベッドは使わないように~
 山ではケルンを崩してはいけないと言われてるんだけど~

・罰当たりなことをして祟られる系
 境内で立ションした、お賽銭を盗んだ、造成で墓地をつぶした、事故現場の花束を踏んづけた

・動物に残酷なことをして祟られる系
 子供の頃ムシャクシャすると猫を捕まえて~

・人に非道なことをして(死者に)祟られる系
 妊娠したと言ってきたから振ったら~ 職場で怒鳴り続けてた部下が自殺して~

・人の恨みを買って(生霊に)祟られる系
 あれきっとやつの奥さんだよ、嫉妬して出てきたんだな~

・呪いのかかった品物系
 その鏡台を買ってからというもの~ 形見分けでもらった着物なんだけど~
 じいさんが戦争中に中国から持ってきたという面なんだよ~

・人の恨みを買って呪われる系
 被害者の両親はずっと何かの儀式をしていたようなんです~

・呪いの実験対象にされる、生贄にされる系
 それで床下を掘ったら、犬の頭蓋骨がたくさん入った壺が~

・リレー式呪い系
 霊能者に見てもらったら、誰かに移さないと呪いが解けないって言うんだよ~
 「七人みさき」なんかもそうですかね
 七人の死霊が、次の人をとり殺さないと自分が成仏できないという話です

・地雷を踏む系
 その女に話しかけてからだよ、急に体調が悪くなったのは~

・いわくつき物件、地縛霊系
 そのアパートって家賃がすごく安かったんですよ~ 泳いでたら足を引っぱられたんです~

・戦争、大事故、災害系
 そしたら軍服の兵隊さんたちが、鎧武者が、焼けただれた子どもたちが~

・人形系
 上記のいずれかの理由で、人形にかかわる怪異が起きる

・子どもの頃の不思議な記憶系
 それが誰に聞いても、家にはそんな人はいなかったって言うんだよ~

・鏡系
 真夜中に合わせ鏡をすると~ その駅のトイレの洗面所では~

・時空のゆがみ系
 ところが帰ってきたら3時間もたってたんだよ、ありえねえだろ~
 ちょっと居眠りしてたはずなのに、電車が知らない駅に着いてたんです~

・ドッペルゲンガー系
 振り向いた顔を見たら俺なんだよ~ 駅前で俺を見たって言われたけど行ってないんだ~

・UFO、秘密組織系
 その光る飛行物体を見てから、ずっと誰かに監視されている気がするんだ~

・デジャヴ系
 そこは初めて通る道なのに、なんか見覚えがあるんだよな~

・召喚系
 小6のときにこっくりさんが流行ってたんだ~ 
 父が買ってきたのは悪魔の呪文が載っているという本でした~

・夢系
 夢だということはわかっていました、
 それと正しい答えを言わないと眠ったまま死んでしまうということも~


まだまだあるんですが、このあたりにしておきましょう。
あとこれらのパターンをいくつか組み合わせたというのも多いですし、
わざと読者の予想を裏切ってパターンを崩すというのもあります。
これから怖い話を書いてみたいという人の参考になれば・・・

 追伸:最近多くなってきたのは やっぱり生きている人間が怖い系 ですね。
例えば、嫌なやつのせいで霊障が発生しているのに、本人は霊も見えず、何の影響も受けず平気なまま
さらに悪行を重ねていく、といった話です。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/293-098196a6
トラックバック
コメント
どうもころもと申します
コメントするのは初めてですね
ホラーっていうとやっぱりこういうテンプレートを
ある程度知っているほうが作りやすいみたいですね
すごく参考になります
ころも | 2014.03.04 01:48 | 編集
コメントありがとうございます
自分が使用してるのは暗い雰囲気の絵画と昔の心霊写真くらいです
2chのいろんなまとめサイトなんかを見ると
路地裏とか病院の廊下みたいなところとか
話の内容に合った現代の風景画像を使ったりしてセンスがいいなあと
感じるところが多いです
bigbossman | 2014.03.05 17:22 | 編集
これは労作ですねー。
というか労作でありつつ、bigbossmanさん、楽しみながら書いたのかな?(笑)

そういえば、某実話怪談投稿コンテストが盛んだった頃。
投稿されたお話を読みつつ、頭の中でこんな風に分類してたことがあります。
ま、頭の中で漠然と思ってるのと、こんな風に実際に文章で形にするのとでは全然意味合いが違うわけですけど(笑)

ま、ちょっとうまい言い方が見つからなくて申し訳ないんですけど。
bigbossmanさんがこういう風に分類を形にしたっていうのは、絶対今後の創作のプラスになるんじゃないでしょうか。

というか。
先だっての「怖い話のパターン その1」と合わせて、何だか怪談心(?)に火を点けられた気がします(笑)

そんな刺激を、今後ともよろしくです。
ひゃく | 2014.03.09 18:37 | 編集
コメントありがとうございます
自分は怪談本は今のブームになる以前から読んでいまして、
あの装丁も超安っぽく、作者名もなく、特定の出版社からしか出なかった頃です
当時はほんとに文章もなんだこれは!と思うような乱暴なのが多かったんですが、
そこが何となく心に響くものがあったんですね
阿刀田高さんあたりから始まったショートショートの洗練された感じとはかけはなれた
ザシザシした感じというか・・・
その頃から、パターンめいたものは漠然と頭にあったと思いますね
bigbossman | 2014.03.09 19:10 | 編集
あ、テンプレートって画像のことじゃなく、
話の分類のことですね
勘違いしてました
最近の1話が短めの実話怪談本を読んで
一つ一つカテゴリ分けをしてみるとわかりやすいかも
bigbossman | 2014.03.09 21:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する