FC2ブログ

住んではいけない家・部屋

2021.02.14 (Sun)
sss (3)

今回はこういうお題でいきます。オカルト論です。
現在、事故物件が注目を集めてますよね。事故物件住みます
芸人と自ら言う松原タニシさんによる本、原作のマンガや
映画が大ヒットしています。

わざわざ事故物件とされる部屋を探してそこに住み、
自分の体験をレポートする。また、固定カメラを設置して
24時間映像・音声を撮り続ける。これはこれで
なかなか大変だと思います。売れてよかったですね。
さて、不動産用語では事故物件を「心理的瑕疵物件」と



言うようです。瑕疵は傷という意味で、もし大きな建物の
陰になって日当たりが悪かったりすると、それは
物理的な瑕疵物件となります。心理的といった場合、
多くは殺人や自殺が起きた部屋、あるいは孤独死して
長期間発見されなかった部屋などを指します。

ただし、法律による心理的瑕疵の明確な定義がある
わけではありません。要は、「その事実を知っていたら
契約しなかった」と依頼者に訴えられた場合、不動産屋側が
不利になるような物件ということです。そのため、
不動産屋には告知義務があります。

sss (1)

で、この話は以前にもやってるので、今回はもう少し別の
観点から、住んではいけない物件について書いてみます。
うーん、そうですね。まず、土地でしょうか。曰く因縁のある
土地に建てられた家がよくないというのはわかりますよね。

例えば殺人事件があった家が解体され、いったん更地になり、
そこに新たに建てられなどのケース。2000年代に起きたある
連続殺人事件の場合、地域住民が犯人の家が残ってるのが
耐えられないと訴え、自治体が入手して公園にされましたが、
そこには誰も立ち入らないと言われます。

土地(敷地)の種類
sss (4)

あとはその土地が過去に古戦場、処刑場、墓地などであった場合。
1982年の映画『ポルターガイスト』では、さまざまな
怪異が起きる原因が、ラストで、その土地は元墓地であり、
不動産屋が墓石だけ移動させて、遺体はそのまま放置したため
であることが判明します。これは日本的な感覚で、

アメリカ映画では珍しいと当時は言われました。ちなみに、
この映画はシリーズ化されましたが、子役の女の子が
3作目撮影直後に急死しています。また、土砂崩れや水害などで
多数の死者が出た土地に建てられた家がよくないのは
誰でもわかりますよね。

sss (5)

次は、現代ではあまりないと思いますが、陰惨な事件のあった
家の部材などが新しい家に使われるケース。小野不由美氏の
小説を原作に、2016年に映画化された『残穢 -住んでは
いけない部屋- 』では、ストーリーの中で北九州最恐と
言われる「奥山怪談」が語られており、

資産家であった奥山家最後の当主が家族と使用人を皆殺しして
自殺。解体された奥山屋敷の部材を買い取った愛知県の米溪家では
その部材「欄間」から仏間を覗くと地獄が見えると伝えられ、
仏間の次の間で寝ると、どこか遠い地の底で吹いているような
風の音が聞こえて金縛りにあうという話になっています。

『ポルターガイスト』のラスト
sss (2)

さて、ここで少し話題を変えて、家相的によくない立地の家と
いうものもあります。いろいろあるんですが、3つくらい
ご紹介しましょう。まずひとつ目は、正方形や長方形ではなく
不定形の土地に建った家。都会ではそういう場所も
けっこうありますよね。

特によくないのが、土地の形が三角である場合で、住人の中で
争いごとが起きやすいとされます。これを防ぐには、土地は
三角でも建物はきちんとした長方形にし、三角形の頂点には
イチイ、カシワ、イチョウなどの木を植えるのがよいと言われます。

四神相応
sss (8)

次は、T字路、またはY字路の突き当たりにある家。日本では
古くからよくないとされており、そこにお堂や道祖神を
置いたりしていました。理由は複数の道を通ってくる魔が
そこで止まって居着いてしまうからです。そういう家に住むと、
落ち着きのない生活になり、ケガや病気が頻発するとされます。

もしそういう家に住むことになった場合、突き当たり部分に
頑丈な塀を作る。3つ目は、西側に川や池などの水地がある場合。
これは「四神相応」という考え方からきているもので、通常、
西には道、東に水があるのがよいとされます。西側に水があると
金運が流されてしまい、出費が多くなりお金が貯まらない。



あとは、もと湿地であった場所。湿邪と言いますが、そういう土地は
湿気が強く、健康に被害をもたらしたり、地盤沈下で家が傾いたり、
道路の少しの振動が家の中で大きく響くなどの実害があるとされます。
まあ、これがよくないのは当然ですよね。

さてさて、ということで、よくない家や部屋について見てきましたが、
そういう物理的、心理的瑕疵のある物件は値段が安い場合があり、
あえて希望して住もうという人も多いんです。ま、その人の
エネルギーが強ければ、ちょっとした影響は はじき飛ばして
しまったりするものです。では、今回はこのへんで。

sss (6)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/3099-d5356009
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top