FC2ブログ

殺生戒と畜生道

2021.02.16 (Tue)
sss (3)

今回はこういうお題でいきます。仏教の話で、オカルト論ですね。
さて、殺生戒は正式には「不殺生戒」で、字のとおり生き物を
殺してはいけないという戒律です。仏教では五戒と言って、
在家信者が守らなくてはならない重要な戒律が5つあり、
そのうちの一つです。

ここで注意しなくてはならないのは、在家信者とあることです。
僧侶は当然ですが、一般の職業についている信者が守るべき
ものなんです。ちなみに五戒の残りは、不偸盗戒、不邪婬戒、
不妄語戒、不飲酒戒です。これら一つ一つについては、
今回はふれません。

sss (8)

不殺生戒は、「生き物を故意に殺してはならない」です。故意で
なければしかたのないこともありますよね。例えば道を歩いていて
小さな虫を踏み殺してしまうなど。高徳の僧侶の中には、
それも避けようと弟子に自分の通る道を掃かせたという逸話も
ありますが、弟子が踏み殺してるんじゃないでしょうか。

ただ、不殺生は難しいですよね。完全な菜食主義になってしまいます。
そこで日本では、四足の動物以外の魚や鳥は食べられていました。
肉食でしか摂れない必須アミノ酸もありますし、いたしかた
ありません。で、これが厳密に守られていたかというとそうでもなく、

畜生道
sss (1)

ウサギは「匹 ひき」と数えずに「羽 わ」としますが、これは
四足の動物ではないという方便なんです。また、鹿が紅葉、
猪が牡丹などの隠語を使って、けっこう食べられていました。
これらは害獣で、田畑を荒らしますからねえ。

さて、次は畜生道の話にうつります。仏教において、衆生がその業の
結果として輪廻転生する六つの世界である六道の一つです。
その中でも特に、地獄道、餓鬼道、畜生道を三悪趣と言います。
畜生道は、親が子を食べ、兄弟同士が交合する世界とされます。
で、上記の不殺生戒は畜生道と深い関係があるんです。

寒山拾得
キャプチャsssd

『沙石集』という仏教説話集があります。鎌倉時代に、無住道暁
という僧が編纂したもので、題名は「沙から金を、石から玉を引き出す」
つまり、日常的な瑣事から仏教の教義を説くといった意味です。
たしか全部で150くらいの話があったと思います。

その中にこういうのが出てきます。中国、唐の時代の僧である寒山
(かんざん)と拾得(じっとく)が、在家の金持ち信者から接待を
受けました。ところが、人々が酒を飲み肉を食べていると
2人はしきりに笑って料理に箸をつけようとしない。
そのため、饗応した主人は気分を害してしまった。

sss (5)

後日、2人が師匠に説明するには、「彼らが食べていた肉は、
畜生道に落ちた親の肉であり、私たちはそれを知らず楽しんでいる
彼らを哀れんで泣いていたのだが、彼らの目には笑っているように
見えたのだろう・・・こんな内容でした。あと、道教的な話に
変えられていますが、芥川龍之介が書いた『杜子春』では、

師の命令で言葉を発しない杜子春に怒った閻魔大王が、畜生道に
落ちた杜子春の両親を連れて来させると、彼の前で鬼たちに
めった打ちにさせ、杜子春はついに「お母さん」と言葉をもらして
しまいます。最後は師が、「あそこで言葉を出さなければ、私が
お前を殺していた」で終わります。

sss (2)

また、上田秋成の『雨月物語』に、「夢応の鯉魚」という話があり、
興義という高僧がいて、鯉の絵を描くのが大変上手だった。
あるとき病気になり息絶えてしまったが、少しだけ体が温かかった。
そこで火葬せずそのままにしていると、3日たって生き返った。
そして「自分は鯉になって大きな池を自在に泳いでいたが、

漁師に釣り上げられてしまった。その漁師は檀家の平の助という
人に鯉を売り、膾に料理されてしまった。今、宴会をしてるだろうから
見てこい」と弟子に言った・・・出家した僧は本来、魚も
不殺生戒で食べることができず、精進料理が発達したわけです。
現在のお坊さんはどうでしょうか。

sss (4)

さて、最後にオカルト話を。昔の見世物に「親の因果が子に
報い・・・」という口上があり、蛇捕りをしていた男に娘が
生まれたが、体に鱗のある蛇女になったなどの話が語られます。
親が犯した殺生の罪が、子どもにまで影響を与える。

で、これ、妖怪?の「牛女」と関係があるんです。件(くだん)
という妖怪は、体が牛で顔が人間、生まれ出ると人語を話し、
近い将来に起きる凶事を予言するとされました。その逆、
体が人間で頭が牛というのが牛女なんですが、太平洋戦争末期、
兵庫県、六甲山の近くで焼け跡をあさっているのが目撃された

これは牛女ではなく件 この話は現代の神戸ビーフまでつながってます
sss (6)

という怪談があります。じつは差別に関わる内容で、あまり
取り上げにくいものなんですね。西宮にあった牛馬の屠殺業者
の家に牛頭の娘が生まれ、座敷牢に入れられていたが空襲で
逃げ出した。そういうたちの悪い噂に、件の予言の話が混ざって
できたものだろうと自分は推測しています。

さてさて、ということで、不殺生戒と畜生道の関係について
見てきました。このあたりのことは、現代の仏教僧では、
ただのお話としてしかとらえてない人が多いんですよね。
では、今回はこのへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/3103-f2ce30a0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top