海が好き3

2013.07.15 (Mon)
 海が好きで、ゆっくりまったりえんえんと数キロも遠泳するのが趣味です。
夏以外の季節はブラブラと砂浜を散歩すると、いろんなものが落ちていて興味深いです。

 この話のもとになっているのは北前船の持斎。
これは民間の呪者のことで、船の舳先に縛りつけられた状態で嵐の海を進んでいく、
凄絶な姿が描かれた絵馬が神社に奉納されて残っています。
この大もとが、もしかしたら『三国志・魏書・東夷伝・倭人の条』(魏志倭人伝)
に出てくる有名な邪馬台国の持衰なのかもしれません。
邪馬台国の持衰は古代の航海の無事を祈って、入浴せず髪を梳かさず爪を切らず、
肉類を食わず、女人を近づけずにひたすら慎んで前途の無事を祈る。
もし航海が成功したならば、持衰は奴隷や財物を得ることができるが、
道行きに苦難があった場合は殺されてしまう、と記されています。

『北前船』絵馬


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/35-e44f6aa9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する