トラップ

2014.05.03 (Sat)
2ヶ月ばかり前のことだ。仲間4人で心霊スポットに行ったんだよ。
メンバーは俺と俺の彼女、ダチとその彼女で男2、女2だった。
行った先は俺らのとこから車で1時間くらいの別の市にある廃ホテル。
廃墟としてはレア物じゃなく、もう10年以上も放置されてるとこで、
前には放火もあったらしい。
オーナーが首を吊ったという噂もあったようだが、そういうのはたいがいデマだと思ってた。
いや、俺らは別にそんな心霊に興味あるとかじゃなくてヒマつぶし程度の感覚だった。
俺の部屋で11時過ぎまでウダウダしてて、そこで行ってみないかって話になったんだ。

酒は飲んでなかったから俺が運転することにして、懐中電灯が部屋に一本、車に一本。
あとは落書き用の缶スプレー、これが必需品だと思ったがなかった。
ただ俺の車が紫のリペイントで、それ用のタッチペンがあったのを思い出してポケットに入れた。
土曜の夜だったんで道は空いてて、その市には1時間かからず着いたが、
ホテルの場所がよくわかんなくてちょっと迷った。
だがまあ県道沿いって聞いてたから、しばらく流しているうちにそれらしい建物が見えてきた。
ちょっとした林に囲まれてて、不気味といえばそうだが怖いとまでは思わなかった。
駐車場跡に車を停め中に入ると、別にロープ張られてるわけでもなかった。

懐中電灯は男2人が持ち、俺は車に入ってたバールも持ってた。
ただ駐車場もふくめて近辺には他の車はなく、その夜の探索者は俺らだけみたいだった。
トラブル心配しないですむのはありがたい。
入り口から普通に入った中は一昔前のホテルって感じで、
布団とかテレビとかそういった備品はなんもない。
倒産して全部持ち出されたとかかもしんない。
あちこち壁は予想通りにスプレーだらけで、やっぱ俺らも用意してくりゃよかったと思った。
1階から律儀に全部屋に入りながら階段で上へ進んでった。
俺はあんまりこういうの怖いと思ったことないが、女たちはキャーキャー言ってたな。
けどこれって明るいときに見れば単に寂れてるだけなんだろ、くらいにしか感じなかった。

3階まで来て、特に焼け焦げてるとかのとこはなかったから、放火はデマだったと思った。
あとガラスとか鏡とかあちこち割られてて、その破片が危険でそっちに気をとられてた。
「4階が一番やばいって話だよな、特に階段から5番目の部屋」
事情を知ってるダチが言った。
その階も一部屋ずつ入っていったが別に下と変わりはない。
ただその5番めの部屋の風呂だけ、なぜか他と違って水が3分目くらい入っていて、
それがちょっと薄気味悪かった。
暗いとこでライトに照らされた水はなんか見てると落ち着かなくて、
このあたりが霊は水場を好むって話の出場所かもしんない。
1時間以上かけて端の部屋まで見て、これで全部だな面白かった、と戻ろうとした。

階段まで行って、来たときには気がつかなかったが、
廊下からの正面に人の頭の倍くらいのガイコツが黒っぽい壁に白スプレーで描いてあって、
ディズニーの海賊船の旗より実物っぽいくらいのやつ。
で、その横にガイコツの3倍ほどのマンガで出てくる吹き出しがついてて、
その下に何か書いてあった。
「・・・死んでほしい相手の名前をこのフキダシに書くがいい」俺が声に出して読んでみた。
「最近のなのかな。何も書かれてないね」とダチ。「バカバカしい」と言って降りようとしたとき、
「ねえ、せっかくだから誰かの名前書いていかない」とダチの彼女が言った。
「んなことで死ぬわけがないよ」
「それはそれでいいじゃん。
もしそいつがここに来て自分の名前見たりしたら嫌な気になるだろうし」
ダチの彼女が食い下がる。

俺が「んじゃ、ペン持ってきてるから書けば。気が済むまで」そう言ってタッチペンを渡した。
「そんな恨んでるやつとかいんのかよ。怖いなあ」と半笑いしながらダチ。
「恨んでるってほでもないけど、イジワルで気分の悪い会社の先輩がいるからそいつの名前書く」
ダチの彼女はスーパーの売場勤めだった。
シャッシャッと女名前を書き終えて、俺にペンを返してよこした。
あとはどこにも寄らずまっすぐ階段を下りてホテルを出、車で戻ってきただけ。
・・・こういうスポットには何度も行ってるけど、それらしいことがあったためしはなし。
音はいろいろ聞こえるが何とでも説明できるものばっかだったし、
写真にはっきり写ったものなんて一つもない。だからこのときも携帯で写真も撮んなかった。

そっから1週間後、ダチと会ったら浮かない顔をしていた。
「どうしたんだよ」って聞くと、彼女が原因不明の頭痛で会社休んでるって話を聞いた。
「あのホテルに行った翌日からなんだよ。なんか関係あるんかな」
「ねえよ」
「でもよ、壁に名前とか書いたりしたよな」
「霊とか呪いとかないって。あそうだ、その名前書いた先輩どうかなったとか言ってたか」
「ピンピンしてるって」
「だろ、頭痛はたまたまだろ。医者の言うこときくしかねえじゃん」
「まあそうだけどな」

こんな会話をしたが、この後、ダチの彼女は緊急入院することになってしまった。
脳腫瘍が疑われてるようだった。俺の彼女と見舞いに行ったが、会えたのは最初だけで
すぐに面会できない状態になった。開頭手術するっていう大事になっちまったんだ。
アパートで彼女とそのことについて話してると、
「ねえ、もう一回あのホテルに行ってみない?」と彼女が言った。
「あのガイコツのことか?関係ねえって」
「私もそうは思うけど、人を呪わばアナーキーって言葉もあるんだし、
手術の前に気になることは全部やっておいたほうがいいんじゃない」
「んー、ま、別に簡単なことだからなそりゃ。んじやペイント薄め液持って行ってみるか」

ってことで、昼訪れたホテルは簡単に見つかり、やはり陽光の下では怖いという感じはない。
あーこんな心霊スポット巡りとかくだらない、もう潮時だなと思った。
どこも寄らずに4階まで駆け上がって、突き当りの横壁を見たが、
あのガイコツの絵はどこにもない。もちろん吹き出しも、
あのとき書いたダチの彼女の先輩という女名前もない。ただただ意味もない落書きで埋められてるだけ。
3階や他の階段も、ホテル中探してもどこにも見つからなかった。
・・・ダチの彼女の手術当日には俺の彼女も病院に行ったが、
手術は成功とはいいがたい結果で、それから1月後にダチの彼女は亡くなった。
これで終わり・・・その後心霊スポット回りはやめたよ。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/360-a1046c7e
トラックバック
コメント
 読み終わってから何となく釈然とせず、タイトルを見直して初めて「ああ!」と合点がいきました。口をあけて待ち構えている怪異は怖いですね。この手の話で臨場感を得るためにも、いわゆるテンプレ的肝試しを一度は経験しておけばよかったな、と平凡な学生時代を今ごろ後悔しています。
 「ズレる」は、ここでは珍しい時空系のネタですね。メモを残した人は全て分かっていた風なので、きっと過去にもっとヤバいエピソードがあったんだろうなぁ。
 あと、自販機の話(?)は消してしまわれたんですか? 考えようによっては、バカ話どころではない薄気味悪さだと思ったのですが…
| 2014.05.03 21:46 | 編集
コメントありがとうございます
ただ心霊スポットに行っただけで祟られるというのはさんざん出てるので
そこで悪意のようなものを持った人間が罠にひっかかってしまうという形で
ひねってみたんです
「ズレる」は時空系の話の中でも物理的なものですね
自販機の話はいくらナンセンスでもちょっとムリだったと思って
消してしまいました
bigbossman | 2014.05.03 23:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する