スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐 

2014.09.16 (Tue)


十数年前に、96歳で大往生したうちの祖母から聞いた話です。
明治の終わりから大正の始めにかけて頃のことですね。
祖母は麹屋で生まれ、そこは酒造もしていて、
子どもの頃は、かなり裕福な暮らしをしたそうです。
使用人がたくさんおり、今となっては誰が誰やら記憶があいまいだとも話してました。
祖母が数え8歳のとき、4つほど年上の少女が子守に雇われてきていました。
その子は祖母には優しかったものの、赤ん坊のあつかいがぞんざいで、
他の女の使用人によくしかられて泣いていたそうです。
また、胸が痛いと訴えてしゃがみ込んでいるのを何度も見たことがありました。

ある秋の晴れた日だったそうです。
祖母が庭に出たところ、子守の子が赤ん坊を負ぶったまま、
うつ伏せに地面に手をついていて、赤ん坊が背中でわんわん大泣きしていました。
「だいじょうぶか」と祖母が近寄って声をかけると、なぜか顔を向こうに向けたまま、
「この赤ん坊、泣いて泣いてしょうがないから食っていいか」と言ったんだそうです。
祖母は最初、何を言ってるかわかりませんでした。
「食っていいか、赤ん坊」その子がもう一度ささやいたので、
祖母の弟を食う、という意味だと察したんです。

「だめ、そんなのだめ」祖母が慌ててとめると、
子守の子は「そうかやはり跡継ぎは惜しいか。じゃあこれを食おう」
そう言って祖母のほうを向きました。
顔が盛り上がったように浮いて、赤い筋がいくつもついていたそうです。
獣臭いにおいがしました。
子守の子は祖母の見ている前で、自分の顔の皮を下からべりべりと引き剥がし、
丸めてぱくっと一口で食べたんだそうです。
祖母は「きゃっ」と叫んでその場に倒れ、
そのとき「くけー」という甲高い鳴き声が聞こえたように思ったということです。

気がつくと屋敷の仏間に寝かされていて、まわりに人がたくさん集まっていました。
母親の顔があったので「弟は」と聞くと、別室から抱いてきて見せてくれました。
なんでも、祖母が倒れていた近くの草むらで、
ねんねこにくるまれたまま眠っていたんということでした。
子守の子は納屋の藁にうつ伏せに倒れているのが見つかり、
抱き起こすと、まあるい形に顔の皮が剥がされていたんだそうです。
ただ、その他に体に傷ついたところはなく、
医者の見立ては、心臓の病で亡くなったものということになりました。
このことは祖母には知らされず、ずいぶん後になってわかったと言っていました。
こんなのが狐です。

毛皮

この出来事があった冬です。その地で大々的に狐狩りが行われたんです。
滅多にないことだと祖母は話してました。
狐は神様のお使いだから大事にされていて、
ふだんは猟師もまず狩ることはしなかったと。
ところが先の話の子守の子の父親が猟師で、病死であったとしても、
娘の顔の皮を剥いて食った狐に悪感情を持つのは当然だったと思います。
あちこちから鉄砲撃ち仲間を集めて、集落の裏山に入りました。
この地方では犬を連れた狩りはあまり行われず、集団でやる流儀でした。
だから、山が雪に覆われて獲物の姿がよく見える冬を待っていたんです。

それは凄惨なものであったと祖母は話しました。
もちろん祖母が狩りについていったのではなく、話を聞いただけでしょうが、
雄雌関係なく、仔を孕んでいても容赦なく撃ち殺したそうです。
巣穴を見つけたら、生まれたばかりの子ギツネでも引きずり出し、
後足をつかんで立木に頭を打ちつけてみな、殺しました。
そして祖母の屋敷の納屋の前にうずたかく死骸が積み上げられたんです。
これは麹屋の当主も承知のことでしたから。
祖母もその様子は見てて、血の臭いと獣臭さでむんむんしたと言っていました。

子守の父親は、その中から毛並みのよいのを何匹か選んで防寒の毛皮用とし、
猟師仲間にも配ると、あとは野っ原に運んで大きな穴を掘って放り込み、
火をつけて燃やしてしまったんだそうです。
父親の猟師は、しばらく誇らしげに狐の毛の装束を着ていましたが、
次第に山に出ることが少なくなり、家に引きこもってしまいました。
そのうち狐の毛の装束を手に持ってその地の旦那寺を訪れ、こう言ったんだそうです。
「この毛皮、はじめのうちはあったかくてよかったが、だんだんに声が聞こえるようになった」
「どんな声ですか」と住職が聞くと。
「死んだ娘の声でよ。オラ死んで狐に生まれ変わってたのに、
 すぐまたお父に殺されたって」

あまりの話に、住職は毛皮を預かって勤行のたびに本堂で教を読みかけておりましたが、
ある朝板戸を開けたとたん、一匹の狐が飛び込んできて、
毛皮を口に咥えて植え込みの中へ消えたんだそうです。
その日の午前のうちに死んだ女の子の弟が、
父親の猟師が囲炉裏に倒れ込んで死んでいるのを見つけました。
寺に預けた毛皮を身に纏い、銃で自分の口を撃ち抜いていたということでした。
・・・猟師の死の顛末は、祖母が大人になってから聞いた話とのことです。
その地方では、経済成長期に狐はかなり減少しましたが、
今は過疎化が進んで、また増えてきているようです。

狐調査

狐狸、狢の類に化かされるという話は、今はほとんど聞かなくなりましたが、
明治期にはその手のことが新聞にも出ていましたし、
戦前までは信じる人も多かったと思われます。
面白いのは、明治時代、
維新後の新政府の招きで外国人技術者が農村部にも入ってきましたが、
村の住人はちょくちょく狐狸に化かされて奇行を演じたりするのに、
それらの外国人は騙されたりすることはなかったという話です。

ウエブでは、狐狸が化かすのはなぜ?という疑問に対して、
それらは賢い動物だから擬人化して扱われることが多かった、みたいな解答をよく目にしますが、
実際はもっと深い部分があるのではないかと考えています。
おそらく狐のほうを調べても、生物学的にわかる以上のことは出てこないでしょう。
原因は村社会のほうにあると思われます。
今、上記したような雇われ外国人技術者が、
1880年代に日本に来て狐狸についての見聞をまとめた英語の文献を
ウエブで見つけて読んでいるところです。
もし面白い事実が見つかり、考えがまとまりましたならこのブログに載せたいと思ってます。
Bigbossman

『狐の花嫁』
1398148971123のコピー




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/515-f851dd95
トラックバック
コメント
狐狸に騙される話は私も興味があり、
文献のまとめを楽しみにしております。
LB | 2014.09.17 06:09 | 編集
非常に楽しみにしております。
狐に関する話はわたしも多々聞きました。
狐にも個性があり、(狐性?)信仰心などを持つものも少なからずおるようです。
昔から霊獣として扱われているものには、何かがありますね。
makakaraten | 2014.09.17 18:38 | 編集
コメントありがとうございます
狐狸のほうをいくら調べても、
生物学でわかる以上のことは出てこないと思います
むしろ騙される側の、農村の因習的なことに原因があるような気がします
bigbossman | 2014.09.18 22:21 | 編集
コメントありがとうございます
自分の知り合いには管狐を遣うという人がいます
よく伏見稲荷などに行きますよ
bigbossman | 2014.09.18 22:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する