封印

2014.09.22 (Mon)
2年前、中学校2年のときの話です。私は陸上部で、長距離をやっていました。
それで、短距離やフィールドの部員は学校のグランドで練習するんですが、
長距離のメンバーだけ、市の陸連からきているコーチと、
香坂山スポーツフィールドというところに行って練習してたんです。
そこのことを私たちは「山」と呼んでいましたが、実際の高さは40mくらいで、
ほんとうは丘と言ったほうがいいくらいのところです。
学校からはジョギングで15分くらいでした。
市民のスポーツ振興を目的に20年ほど前につくられ、土の400mトラックがあり、
そ外側は林になっていて、1kmのジョギングコースがとりまいています。
他にもウエート・トレーニングのできるジムとシャワー施設があります。
ここで夏場はだいたい6時半まで練習していました。
トラックに夜間照明がついてるんです。

思い出深い場所ではあるんですが、
中学生当時はここに行くのがあんまり好きじゃなかったんですよ。
私たちのの部は伝統があって毎年強かったので、練習が厳しいせいもありましたが、
それ以上に怖かったんです。
なぜかと言うと、幽霊が出るという噂があったんです。
そんなのはどこにでもあると思われるかもしれませんが、
その場所に出ると言われている幽霊は、名前まで特定されていたんです。
K彩さんということにしておきます。
K彩さんは私の中学校の先輩で、10数年前に行方不明になっています。
ここからの話はかなりの部分噂が混じっているので、それはご承知ください。
K彩さんの家は、この山の裏側の町で「拝み屋」みたいなのをやっていました。
失せ物、失せ人、先祖の障りとか、そういうのです。
ずっとK彩さんのお母さんがやっていたんですが、当たらなくなって、
力を失ったという評判が立ち、K彩さんが代わりを務めるようになった矢先のことでした。

白い着物を着て、家の奥の間にある「おん馬様」という神様の祭壇の前で拝むんです。
前に「死国」という映画のビデオを見たことがありますが、
あんな感じじゃなかったかと思います。
これがK彩さんが、巫女さんですか、それをやるようになってからお客さんが増え、
そのためにずっと学校を休んでいたということでした。
で、K彩さんが私と同じ中2になった春のことです。
拝み屋をやっていたK彩さんの一家が突然失踪したんです。
詳しいことは誰もわかりません。地元の暴力団が関わっているとか、
大阪にある大きな宗教団体が指図したことだとか、いろいろ言う人はいたみたいです。
朝、お客さんがK彩さんの家を訪れたら、中が荒らされていて、
一家・・・母親とK彩さん、それとK彩さんのお祖母さんですね。
女だけの家族だったんですが、
大事にしていた祭壇も放置されたまま、みな消えていたということだったんです。

・・・これだけなら、一家で夜逃げということも考えられなくはないですよね。
ところが、さっき話したように、巫女役がK彩さんに代替わりしてから、
拝み屋の商売はずっと繁盛していたんです。
それに決定的なことがありました。失踪が明らかになった日の前夜に、
K彩さんの姿が目撃されていたんです。それも、とても異常な形でです。
場所は、先ほどから話題に出している香坂山のトラックです。
9時過ぎということでした。その時間にはレストハウスなどは閉まっているんですが、
夜間のウオーキングをしている人はけっこういるんです。
ここだと警備員が常駐してますし、街中と違って不審者と疑われることもないですから。
目撃談によれば、走る方向が決められているジョギングコースを、
かん高い叫び声を上げながら逆走してくる者がいる。
何事かと見ると、白い和服姿の若い女がものすごい勢いで走ってくる。

かといって後を追いかけてくる者がいるわけではない。
あまりの勢いに、止めることも声をかけることもできず、
道を避けるのが精一杯だったということでした。
それがK彩さんだったんです。たまたま見知っている人が目撃者の中にいたんですね。
息をきらしてあえぎ、よろけながらK彩さんはコースを2周走り、
そのまま木立の中に消えてしまったんです。
ちょうどコース脇にトイレのあるあたりだったということです。
警察ではこの証言を重視して、単なる夜逃げとしてではなく捜査をしました。
その結果、K彩さんの家の祭壇の前の畳から、
大量の血痕を拭き取った跡が見つかったんです。
でも、その後の捜査でも一家の消息はまったくつかめませんでした。
K彩さんが消えた付近にあるトイレ、幽霊の目撃談はそこがほとんどなんです。
ああ、目撃という言葉はよくないですね。音を聞くんです。

そのトイレはジョギング中の人のためのもので、木造で小さいんです。
女子のほうで個室が4つです。レストハウスに広いのがあるので、
そっちを使う人は少ないんですが。
夜にその女子トイレに入ると、ドンドンとノックの音が聞こえるんです。
いいえドアじゃなく、聞いた人はみな横の壁か中空からと言ってたらしいです。
それと、一番奥のトイレに入った人は声も聞いています。
女の人・・・女の子の声でか細く、
「閉じられている、ここから出たい」という意味のささやき。トイレはもちろん水洗です。
それに失踪騒ぎがあったときに、警察があたりを厳重に調べてるんです。
聞いた人の証言がみなほとんど同じというのが怖いなと思っていました。
私ですか?ええ、1回だけ入ったことがあります。

ただ怖いから何人かでいっしょについてきてもらったんですよ。
ドンドンというノックは聞こえました。
でも、そのときは外で待ってた仲間がイタズラしたんだと思いました。
ドアからだったか、壁からだったかはよく覚えていません。
トイレを済ませ外に出て、「変なイタズラやめてよ-」と文句を言いました。
仲間はみんな「やってない」て否定してましたけど、
中に笑みを浮かべてる子がいたんで、やっぱり悪ふざけだと考えたんです。
声を聞いたおぼえはないですし。
それで、冬になってたいへんなことが起きたんです。
香坂山の近くに、乗馬クラブがあるんです。
私の住む地方はほとんど雪が積もらないので、そこは冬でも活動しています。
馬は寒い地方の動物で、冬場のほうが調子がいいという話も聞いたことがあります。

その乗馬クラブで始めて香坂山に馬を乗り入れ、
デモンストレーションをやることになりました。土のトラックを使って、
飛越というんですか、馬がジャンプをしたりする競技会をやったんです。
日曜日でしたし、私も見に行きました。
馬は近くで見ると大きくて、全身の筋肉がすごかったです。競技が終わった後、
観客の中の希望者を馬に乗せてジョギングコースを引いて回るというイベントもありました。
私も希望して2番目になりました。
もちろん自分で走らせるんじゃなく、乗馬クラブの人に手綱を引いてもらうんです。
少し前には小学生の男の子の乗った馬、それに続いてコースに乗り入れました。
で、あのトイレの近くにさしかかったとき、前の馬が暴れて男の子を振り落とし、
トイレのほうに突っ込んでいきました。そして横向きにトイレの壁を強く蹴りました。
バーンという音が響き、私の乗った馬も引いている人をふりほどいてそっちに突進したんです。
必死でしがみついてましたが、トイレ直前で落ちてしまいました。

前の馬が蹴ってあけた穴が壁にあり、私の馬はそこに肩から突っ込んでいったんです。
馬がぶつかった瞬間、トイレの横壁の木材が四散し、
そこから埃とも煙ともつかないものが爆発したようにまき散らされました。
オ、オ、オ、オ、という音が聞こえ、煙の後に藁束がたくさん落ちてきました。
そして、壁の穴から着物を着た細い女の人が出てきたんです。
女の人は二、三度踊るように回ると、私の目の前にぱたりと倒れました。
そのときすぐ近くでその顔を見てしまったんです。
骨と皮だけになったミイラの顔でした。
私は絶叫しながら四つん這いの姿勢で後ずさりし、
集まってきていた大人の人たちに助けられたんです。
・・・女の人はK彩さんでした。遺体は死後10年以上経過していて、
胸に刃物で刺された傷跡があり、それが致命傷だということでした。

出てきた藁束は30ほどあり、すべて細紐でゆわえられていて、
中からは細い和紙に筆でなにやら書かれたもの、それと長い毛です。
後で調べたところ、人間の髪の毛と馬の尾の毛が束ねられたもの、ということでした。
そのトイレの奥の個室は、前に話したように天井裏も含めて捜索されているんです。
死体を隠しておけるスペースなんて絶対にないはずです。
K彩さんの事件は、殺人に切りかえられて捜査は続けられています。
警察では、その日か前日にミイラ化した遺体が、
その他のものといっしょに押し込まれたのだろうと考えているようです。
でも、幽霊の話を知ってる人はそう考えてはいないみたいです。私もです。
K彩さんは、どうやってかわかりませんが、
トイレのあの個室に封印されていたんだと思うんですよ。
藁束なんかはそのための道具なんじゃないかって・・・
みなさんはどう考えられますか?

『映画 死国より』






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/522-1c5156b5
トラックバック
コメント
古代大和朝廷は封印を頻繁にやっていて、有名な例では出雲大社などがそうだといわれますね。
古代の中国でも政治がらみで敵方の社稷を封じる場合は入口を無くして窓だけ開けた小屋に神体を入れておくものだとかあります。
聖体をトイレなどの不浄に近付けて力を弱めてしまうという封じ込めもあったようななかったような・・・・
makakaraten | 2014.09.23 20:30 | 編集
コメントありがとうございます
出雲大社や諏訪大社は、たしかに国津神の封印と言えるかもしれません
それほど大規模ではない封印はさまざまな形のものがありますね
「結界」と関連する概念だと思ってます
bigbossman | 2014.09.23 23:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する