FC2ブログ

手 3題+

2014.09.29 (Mon)
涸川

うちの近くを流れる美淀川・・・去年の夏の話です。
ここの川は毎年夏に水が少なくなるんですが、この年は特にひどく、
だいたい40mくらいある川幅が、四分の一ほどにまでせばまりました。
上流のダム湖の水もかなり減っていたらしいです。
川の両側は露出した泥が乾いて細かいひび割れが走り、かなり不気味に見えました。
僕は中学生で、夏休みは釣りに歩くんですが、
泥の上はかちかちで、歩いてもぬかるむこともありませんでした。
その日も10時頃から、釣り竿をかついで自転車に乗ってました。
川の横の土手から釣れそうなポイントを探していたんです。
土手をまっすぐ行くと、昔この地域がまだ村だった頃に、
当時の村長が私財を投じて造ったという石の橋があります。

危険なので架けかえたらどうかという話が出てるんです。
そこの橋桁が、4本のうちの2本までむき出しになってました。
岸に近い方の両端の2本です。
今日は橋桁のそばに針を落としてみようかと考えましたが、
まだ水中にある橋桁にはたくさん流木がひっかかっていて、糸が絡まりそうでした。
やっぱダメだな、と思って場所を変えようとしたとき、
急に日が陰って、あたりがスッと暗くなりました。
空は一面の青空でしたが、いつのまにか西側にだけ黒雲が出てて、
それが伸びて太陽を隠したんです。
川に目を戻すと、何の震動などもなかったのに、
僕のいる土手に近いほうの橋桁の根元の泥が急に深く陥没しました。
そこに大きな白いものが見えたんです。

巨大な・・・骨だけになった手でした。
指が上を向いて、白い骨先が何かをつかむようにすぼまってました。
恐竜の化石を東京の博物館で見たことがありますが、
あんな砂の色じゃなく漂白したような白い骨。
指の一本が大人の身長くらいあったと思います。・・・信じられないでしょうね。
ウルトラマンか大仏くらいもある骨だけの手なんて。
よく見ると動いていました。ズッズッと少しずつ下に沈もうとしていたんです。
まさかあの下に体があるんだろうか・・・怖くなって逃げだそうとしたとき、
大粒の雨が顔にあたりました。すぐに土砂降りになって、僕はずぶ濡れになりながら
近くの友だちの家に走り込んだんです。
雨は3日3晩降り続きましたが、渇水期だったせいで洪水にはなりませんでした。
骨の手のことは家族に話しましたが、古い埋もれ木だろうと鼻で笑われましたよ。

古民家

地方テレビ局でカメラマンをしています。去年の夏の話ですね。
夕方6時台の地域ニュースの取材で、美淀川ぞいの町へ古民家の取材に行ったんです。
そこらは県内でも過疎の特に進んだ地域で、
町興しの一環として放置された民家に手を入れ、
都会の人に格安で売り出そうとしてたんです。ネットでも宣伝してましたよ。
そこに初めての入居者がありました。
東京から来た夫婦で、2人とも40代で子どもはいないという話でした。
旦那さんが早期退職して、その退職金を元に、
隠れ家的な蕎麦の店を始めるという計画だったんです。
会ってみると2人とも感じのいい人でね、上手くいってほしいなと思いましたよ。

夫婦とも料理は素人でしたが、旦那さんは蕎麦が好きで、
だいぶ前から手打ちの練習をしていたそうで、実際に打つところを写したんですが、
かなり手慣れた感じでした。
あと奥さんのほうは工芸学校の出身で、石を磨いてペンダントを作る特技があり、
店に来たお客さんに体験教室を開きたいとも言ってました。
店はまだ開店してなかったんですが、二人で民家の中を改造し、
天井から昔の籠や簑をつり下げたりして古風な感じを出してました。
地元農家が自然卵をそこに卸すことも決まってたんです。
2時間以上撮りましたが編集して番組になったのは10分少しで、翌日放送しました。
そしたら苦情というか、問い合わせの電話が次々に来たんです。
全部で40本以上。キー局の番組ならともかく、
うちらが制作してこんなに来るなんて、県の高校入試問題の解説くらいです。

問い合わせの内容はみな同じで、
民家の天井を映したとき梁の上に手が見えたというものです。
それも2・3歳くらいの子どもの手。体はどこにもないのに、
ふっくらした白い手首から先だけが、梁の上をひらひらと動いていたんだそうです。
これは絶対ありえないです。編集のときに局のものが何人も見てるし、
アナウンサーも確認してます。当日だってディレクターがモニターで見てましたし。
だいたい、その録画映像が残ってるんですが、どこにも手なんて見あたらないですよ。
どういうことなんでしょう。・・・蕎麦の店のほうは残念な結果になりましてね。
町のものはちょくちょく食べに行ってましたが、都会からのお客さんは集まらず、
半年過ぎた頃に夫婦して姿を消してしまいました。
その後、奥さんのほうは近くの山中で首吊り遺体で発見されたんですが、
両手が体の後ろで縛られていたんです。警察は事件と自殺の両面で捜査をしてるようです。
旦那さんの行方はいまだに知れません。

必勝祈願

高校野球の話です。県営の美淀高校、地元なんですが、
この野球部がなんと、去年の夏の甲子園を目指す県南地区予選の決勝まで進んだんですよ。
もちろんそんなことは初めてで、有望な選手なんて一人もいないんです。
少しでも力がある子は、野球で引っぱられて地元以外の高校に行きますし、
こう言っちゃなんですが、地元中学の野球部で特に下手だったやつだけが残ってるんです。
だから1回戦を突破することもまれでね。どうしたんだろうってみな言ってました。
まあ快挙は快挙ですから、差し入れなんかもかなり集まりました。
地区予選でなので、もし決勝で負けたとしても、
県予選にはシードつきで出られることはもう決まってたんです。
試合は、町から車で30分ほどの市の球場で行われることになってましたから、
もうこっちがホームみたいなもんです。
応援に行くと言ってるやつが自分の職場でもたくさんいました。

試合場が近くのため、部員はどっかに泊まり込んでるわけじゃないんです。
朝に学校に集まって、町のバスで球場まで行くんです。こっからは聞いた話ですが、
決勝の前日が予備日になっていて、部員は学校で練習してから、
全員で午後4時過ぎに川沿いにある美淀神社に必勝祈願に行ったそうです。
ここは小さな社なんですけど、町の氏神みたいなもんで、
ロウソクをあげたり、参道脇の草を刈ったりするお年寄りも多いんです。
監督が先頭になって、部員全員がその後ろに列を作って、
お賽銭は奮発して監督が1万円出したそうです。
鈴を鳴らして柏手をパンパンと打った瞬間、
なんとですよ、信じられないことにエースとキャッチャーが2人とも、
左腕を骨折したんです・・・考えられないでしょう。

神罰なんて言うやつもいましたが、どっから見ても純朴な田舎の高校生ですよ。
罰を受けるようなことがあったとは思えませんね。
全部で12人しかいない野球部ですからね。なんとかやりくりして試合には出ましたが、
もちろん惨敗。その後の県予選も初戦でコールド負けです。
せっかくね、この過疎の地域が久々に盛り上がってたのに、
こんな結果になるとは思ってもみませんでしたよ。
子どもらも残念がってましたが、ケガは順調に回復し、
骨折した2人とも近くの市の建設会社で引っぱってくれて就職が決まりました。
ただね、そこの社長が今年の春に亡くなったんです。美淀川に水死体で浮かびまして、
遺書があったので自殺という結論が出たようですが、
これも不思議な話で、会社の経営は順調だったはずなんです。
まあそれ以外の事情なのかもしれませんがね。

捕逸

先日、主人が美淀川で亡くなりました。
警察の調べでは溺死ということで、会社のデスクに数通の遺書が残されていたため、
自殺ということで決着しました。
たしかに人に恨まれ殺されるような心あたりはないのですが、
自殺につながるような原因も同じように考えられませんでした。
会社は私が専務を務めさせていただいてるんですが、
経営は東京の大手とも関係がついて、非常に順調だったんです。
遺書を見れば何か事情がわかるかとも思ったんですが、
かえってわけのわからなくなるような内容でした。
「お前と子どもたちには迷惑をかけてすまない。手の発掘のことでしくじってしまった。
 このあたりにしばらく嫌なことが続いて、それは全部自分のせいだ。
 申し訳ないので死を選ぶ。自分が死んで許されることでもないだろうが。
 お前も子どもたちも、あと10年は絶対に美淀川と美淀神社には近づくな。
 子どもたちをよろしく頼む。死にたくはない」






関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/530-18a30410
トラックバック
コメント
手と顔は怖い話に出てくる人間のパーツの代表選手ですな。中学の時、友人の修学旅行の写真に見事な手が写っていてぞおっとしたことがあります。読んでいてあれを思い出しました。
makakaraten | 2014.09.30 09:59 | 編集
 一つの地域を舞台にした連作ですね。断片的に色々な情報が出ていて、因果関係が分かるようで全く分からないところが「らしい」と思いますw 氏神として祀られる前にどんな神様だったのかがミソでしょうか。
 ところで、干上がってひび割れた泥が気持ち悪いと思うのは私だけではないようで安心しました。廃道歩きのサイトで見た、渇水でダムの底が一面この状態になっている写真が忘れられない・・・
| 2014.09.30 19:01 | 編集
コメントありがとうございます
手は人それぞれ表情がありますし、人間の体の中でも精妙な動きをする部分ですね
手だけで動き回る幽霊?の話もありますが、
あれなんか人間の魂がどこにあるかを考える材料になりそうです
bigbossman | 2014.09.30 23:26 | 編集
コメントありがとうございます
またわけがわからないものになってしまいました
建築会社の社長が手の発掘で何かヘマをして
それが原因でおかしなことが起きてる以外のことは自分にもわかりません
現実の事件でも、一面的に見ればわからないことは多いですが
ましてオカルト事件では能力のない常人には無理という気がします
bigbossman | 2014.09.30 23:30 | 編集
追伸
ひび割れは気持ち悪いですよね
人間の皮膚も拡大すると怖いです
毛穴まであって
bigbossman | 2014.09.30 23:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する