FC2ブログ

雑談(著作権)

2014.11.18 (Tue)
今日は2chの嫌儲(けんもう アフィリエイトなどネットで儲けることを
嫌う人たちが集う場所)を見ていたので話が書けませんでした。
自分は2chのさまざまな板に顔を出しています(最近は競馬スレ以外
書き込みは少ない)が、どうやらオカルト板の怖い話を投稿するスレに
だいぶ以前に書かれた「八尺様」という話が、

「小説家になろう」というサイトに小説を投稿している作者に
盗用されたのではないかということで騒ぎになっているようでした。
「小説家になろう」というサイトは初めて見ましたが、
すごいアクセス数があってビックリ。ああいう世界があるとは知りませんでした。

「八尺様」というのは長めのオリジナルの怖い話で、身長8尺(240cm)ほどの
女の妖怪?が、ある村で封印されていたのが解けてしまい、
若い男を見定めて「ぽーぽぽ」とか言いながら迫ってくるというものです。
故ジャイアント馬場氏へのオマージュという説もありますが、

実にユニークなキャラクターで、マンガの中などあちこちに
登場しているのを見かけます。このキャラと話の筋を、
出版が決まっている自分の小説の中で使用し、
さらに作者が「著作権的に問題はない」と活動報告で書いていることなどが
ネラーの神経を逆なでし、嫌儲に依頼があってやり玉にあがっていたようです。

ただ、自分が見るかぎりでは、著作権的に問題とするのは
難しいんじゃないかと思いましたけどね。作者は商業出版される場合、
別のキャラに書き換えると言っていたわけですし。
自分はこのことについては特に意見はありません。

ただし、2chの怖い話その他の創作(それ以外も)が、
表現として著作権が大切に扱われていないというのはずっと気に
なっていました。このブログを始めた要因もそこにあるからです。
基本的に2chに書いたものの著作権は2chに所属するはずです。

今はJim体制になって、建前は「転載禁止」ですが、
今もって多くのまとめサイトが話(あるいはSSなど)を転載しています。
これは、著作権法違反は親告罪ですが、2ch自体は基本的に裁判など
する気はないということが知れわたっているせいもあります。
あまりに転載先が多くてきりがないし、2ch自体にも弱みがあるからです。
(ニュー速などで記事を無断転載しているとこもありますし)

怖い話の転載については、喜んでいる人のほうが多いと思われます。
自分の書いた話がまとめに載り、そこでは好意的なコメントが多いですし、
そもそも怪談は世間に広まってナンボという面があるからです。
2chに投稿し、そのままスレの反応は見ないで、

まとめに載っているのを確認しているという人はけっこういるんじゃ
ないでしょうか。それが悪いとは言いませんし、ネット掲示板の利用のしかた
の一つではあると思います。ただ、自分のように転載されたくないと思う人
(おそらく少数)にとってはこれは困った問題です。

まあ、名前欄とか本文に「絶対転載不可」のようなことを
入れればいいのかもしれませんが、それをやるとコテ(固定ハンドル)
をつけているのと同じになってしまうし、
同じ人間が何度も怪異の体験談を投稿するというのは不自然です。
(怖い話の建前は「実際にあったこと」なので)

ということで、自分は2chに書くのはあきらめてブログを始めたわけです。
(それ以外にも、多くの話を書いていてまとめる意味もありました)
そのため必然的に創作宣言しなくてはならなくなりましたが、
これはこれですっきりした感じも持っています。

建前とはいえ、作った話を実話ですと言い張るのも自分的には味が悪い。
だから自分に関しては現状で不満はないのですが、
今も生存していると思われる「八尺様」の作者の人は、
この騒ぎをどう思ってるだろうなーと気にはなりますね。

まあないですけど、もし「八尺様」のハリウッド映画化が決定しwww
千万単位の原作料が発生したらどうするんだろうとかw その場合、
2chに良心があれば、作者を見つけ出して協議するとかになるのか。
しかし自分が書いたという証拠を出すのが難しい場合も多いでしょう。
もしこんなことがあれば問題になるほどの著作権は生きているわけです。

ということで興味を持ってなりゆきを見ていました。結果、
作品は「小説家になろう」運営に削除され、作者の謝罪文が出たようです。
ま、本になるのであればその部分は削除するか大きく書きかえられるでしょうし、
あるいは出版社側が2chと話をつけてもいいわけです。

ネラーはけっこう面子を気にしますので、
作者はこのまま静かに息を潜めているのが一番いいと思われます。
外部に情報を出さず静かにしていれば、そのうち収束するのではないかと。
ネットの著作権について、いろいろと考えさせられた話でした。

『死の島』アルノルト・ベックリン




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/578-7b5aa6d1
トラックバック
コメント
そもそも著作権というかパクリかそうでないかって微妙なラインですよね。
自分が考えた完全オリジナルのものだと思っていても
世の中にはいろんな作品があるから知らないだけでそれと被ることもあるし
他の作品のパロディを取り入れようとしても見方によってはパクリだしw
でもまあ、あまりにも同じだと削除されるのは当然なわけで。
西條すみれ | 2014.11.18 09:46 | 編集
コメントありがとうございます
著作権自体はアイデアよりも表現を保護するものですし
自分は問題がないと思ったんですが
盗用とか解釈する人がいるなら変えたほうがいいんでしょうね
自分は何かからアイデアを得た場合はできるだけ明記するようにしてます
bigbossman | 2014.11.18 23:54 | 編集
 この話題とはあまり関係ありませんが・・・パクリとオマージュの違いについて、「バレて困るのがパクリ」「バレて嬉しいのがオマージュ」という意見をどこかで見ました。なるほどなーと思った次第です。
| 2014.11.19 20:07 | 編集
コメントありがとうございます
「本歌取り」とかの伝統もありますからねえ
あれは原作へのリスペクトですが
bigbossman | 2014.11.19 22:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する