スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角鏡中国で出土?

2015.03.02 (Mon)
*今日は新聞を見て朝から驚愕、怖い話は書けませんでした。
 なるべく専門的な記述はさけますが、この項は興味のない方はスルーしてください。

『邪馬台国の女王・卑弥呼がもらったとも言われ、
製作地を巡り論争が続く謎の鏡・三角縁神獣鏡。
これと同じ型式の鏡が中国河南省の洛陽市で見つかったとする論文が、
地元の研究誌に掲載された。
論文を書いたのは河南省在住のコレクターで研究者でもある王趁意さん。
王さんは鏡について「2009年ごろ、当時、洛陽最大の骨董市で、
市郊外の白馬寺付近の農民から譲り受けた」と説明する。
正確な出土地点はわからないという。

鏡は直径18・3センチ。厚さ0・5センチ。三角縁神獣鏡としてはやや小ぶりで、
内側に西王母(せいおうぼ)と東王父という神仙や霊獣、
外側にノコギリの刃のような鋸歯文と二重の波状の模様を巡らせる。
鏡が見つかった洛陽市は中国の三国時代に魏の都があった場所。
歴史書「魏志倭人伝」は、239年に魏の皇帝が倭(日本)
を治める邪馬台国の女王・卑弥呼に、「銅鏡百枚」を与えたと記している。
日本では、100枚の鏡は三角縁神獣鏡とみる意見が多かったが、
肝心の中国から1枚も出土していないため、疑問が呈されてきた。
今回の発見はこの論争だけでなく、
邪馬台国の所在地論争にも影響を与える可能性が大きい。

明治大の大塚初重名誉教授は「写真を見ただけだが、三角縁神獣鏡に間違いない。
まだ1面だけなので、同種の鏡がさらに見つかるかどうか
注意深く見守っていく必要がある」と話している。(朝日新聞 塚本和人)』

朝日新聞DiGITAL

長く引用してしまいましたが、簡単に説明すると「三角縁神獣鏡」というのは、
古墳時代の近畿地方を中心に列島各地で発見される銅鏡で、「魏志倭人伝」
(三国志 魏書 東夷伝 倭人の条)に、魏の皇帝が倭国の女王卑弥呼に贈ったと記される、
100枚の鏡の候補の一つと言われるものです。

ご存知のように、卑弥呼が都する邪馬台国はどこか、という議論は、
九州説、畿内説を中心として長く論争が続けられてきました。
畿内説では、この鏡を卑弥呼が贈られたもの、と見ることが多いですが、
ひとつ前の世代の「画文帯神獣鏡」を卑弥呼の鏡とする説もあります。
九州説では、この批判として、三角縁鏡は国内では500枚以上も出土するのに、
中国大陸では一枚も見られない、これは国産品である、という反論をしてきました。

ですから、中国でどう見ても三角縁鏡としか思えないものが発見された、
というニュースは、古代史フアンには心が騒ぐものなんですね。
ちなみに「三角縁」というのは、鏡の縁の断面が三角になっているということで、
中国の鏡には見られない特徴です。
「神獣」とは、東王父、西王母などの道教の神(神仙)と想像上の獣を文様として
配しているということで、今回発見されたのは
「三角縁 銘帯 四神四獣鏡」と分類される種類であると見てとることができます。
「銘帯」とは、その鏡の説明、宣伝文のようなもので、中国語で記されています。
4人の神と4匹の神獣の文様が鋳出されています。

さて、自分の所感を述べると、まず思うのは、
これは現状は出土品としては扱えないということです。
「骨董市で買った」という記述は、考古学に関心のあるものであれば、
「危ういなあ」と感じるのではないでしょうか。
このような文物は、密封された古墳から地層の状況とともに出土しないかぎり、
さまざまな疑念がつきまといます。

日本でも、市場で発見された文物は考古学者はなかなかとりあげようとしません。
それがもしや、戦前・戦中に大陸から持ち込まれたものあるかもしれないし、
コレクターが中国から買ったものであるかもしれないのです。
贋物の懼れさえあります。ですから、どうしても取り扱いには慎重になります。
この鏡については、売ったとされる農夫から発見場所を聞いて、
詳しい調査が期待されますが、あちこち遺跡だらけで、
しかもその記録保存が追いついていない中国のことですので、どうなるかはわかりません。

18.3cmという直径は三角鏡としては小さいほうです。
日本で発見されるものは23cm内外のものが多く、
これは魏代の1尺に近い数値です。
日本では3、4世紀頃の鏡は、呪具、葬具として扱われてきましたが、
中国では化粧などに使う日用品であったため、18cmよりも小さいものが普通です。
とはいえ、18cm程度の三角鏡も日本で発見されています。
この鏡は櫛歯文帯(櫛の歯のような縦線が並んだ部分)
という部分が省略されているようです。面径を小さくするためかはわかりません。
三角鏡の考古学的な形式分類でいえば、わりに新しいタイプのように見えます。

この中国の三角鏡の銘文ははっきりしており、
もしかしたらその部分だけ鋳型を彫り直してるかもしれません。
自分の読むところ、
「吾作明竟真大好 上有聖人東王父西王母 師子辟邪口銜巨 位至公宜子孫壽」
(違ってたらすみません)という神仙的な吉祥句が見られます。簡単に訳すと、
この鏡を持っていると、高い地位まで昇進し子孫に恵まれるというような内容です。

このような道教色の強い鏡が、
古墳時代初期の日本で好まれていたということについて、
さまざまな解釈があります。
例えば邪馬台国の卑弥呼は「鬼道に仕え、よく衆を惑わす」
という魏志倭人伝の記述の、「鬼道」とは古代道教であったとするもの。
一般的に卑弥呼はシャーマン的であったと考えられることが多く、
神がかり的な預言をしていたとする説が多かったのですが、
例えば遼東の公孫氏などを通じて、
古代の道教が入っていたと考えられないこともないでしょう。

また、東王父、西王母という男女2神が並び立っている様子は、
当時の倭国の「ヒメ・ヒコ制」を表しているとするむきもあります。
祭祀を司るヒメ(姫 女性の祭祀王)と政治(軍事や農事)を司るヒコ(彦 男性王)が、
共同して国を治めていたとするものです。
三角鏡の出土は、古墳の棺の内外で見られることが多く、
葬具(葬式に使用する副葬品)として使用されていたのは間違いのないところで、
中には完成品が故意に割られている場合もあります。
どこかから(おそらくヤマト王権から)各地に配布されていたのでしょう。

自分が見るには、これは奈良県新山古墳というところから発見されたものに、
似ているように思えますが、はっきりとはわかりません。
続報を期待して待ちたいと思っています。





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/690-650f1b06
トラックバック
コメント
本当だったら一歩前進ですが、贋作・逆輸入・捏造などなど、いろいろ考えられてしまうので、おっしゃるとおりまだまだ鵜呑みに出来ないですね(^_^;)

個人的には九州にも大和にも政権があっておかしくないと思ってます。初めは九州優位だったのが、東方への開拓が進むにつれてどこかの時点で大和が逆転……みたいな。
古代史のなぞ、生きている間に少しでも解かれるといいなあ。
椿 | 2015.03.03 09:32 | 編集
コメントありがとうございます
なかなか難しいところですよね
考古学的には3世紀の九州も畿内も大きなまとまりは見られない
小さい集落の点が交易でつながってるような感じです
bigbossman | 2015.03.03 21:03 | 編集
なぜ6年前の話が今になって現れたのか、正直解せない。また、神獣鏡を作っていたのは呉だと言われてます。三角縁ではなかったそうですが。別に中国から出土してもおかしくはないと思いますが、一枚だけというのも変な気がします。
| 2015.03.04 10:14 | 編集
コメントありがとうございます
この論文を書いた人はコレクターであり地域の研究かでもあるようですが
論文かされたのは最近で、それで知れ渡ったのでしょうか?
そのあたりはよくわかりません
日本の考古学界では、下手なことは言えないので、
事情が明らかになるまで、当分静観が続くと思われます
bigbossman | 2015.03.04 22:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する