スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊能者の脳内を見る

2015.07.16 (Thu)
変な題名ですが、これも最新科学技術にかかわる内容です。
昔から某掲示板の幽霊関係スレでは、幽霊の実在を示す方法の一つとして、
複数の霊能者に別々に(同時にでもいいが互いに意思疎通をせず)幽霊を見てもらい、
後に別々に見たものについて証言してもらって、
それを突き合わせるという検証方法が言われていました。
この証言がもし、多くの点で一致するようであれば、
霊の存在に対する信憑性がかなり増すのではないかと思われますが、
なぜ行われないのだろう、というような話です。

これには霊能者?!側からの反論もありましたね。
霊能と言ってもさまざまなレベルがあり、うすぼんやり(性別も服装もわからない)
しか見えない人や、はっきりくっきり見える人、
その霊だけではなく背後に憑いているものまで見えてしまう人・・・
人によって能力がバラバラなのだから、必ずしも同じものが見えるとはかぎらない、
というものです。例えて言うと、一般の0感の人というのは視力なしということで、
霊能者にも視力0.3から4.0とかまであるので、
視力によって夜空に見える星の数が違うように、同じものは見えていない、
というような説明でした。なるほど、うまいことを言うなとは思ったんですが・・・

fMRI(機能的磁気共鳴画像)という機器があります。
人および動物の脳や脊髄の活動に関連した血流動態反応を視覚化する方法の一つで、
脳医学で使用される場合が多いのですが、
それ以外の分野でもさまざまな活用法が研究されています。
さて、これを使用して人間の脳内イメージを視覚化(映像化)できるとしたらどうでしょう。
ちなみに、fMRIによって見られるのは脳内の血流の活動です。
脳波や脳内の神経における電位差などは、微弱すぎて現在の技術で捉えるのは不可能です。
この機器で見ることができるのは血流信号(血流量や血液の酸素濃度)なわけですが、
これらは神経ニューロンの活動状況とほぼ比例的に対応しています。

最初のうちは、今現在被験者は横縞を見ているか、
縦縞を見ているのかを当てる程度のものでしたが、現在では、
脳活動パターンから予測することで、被験者に見せたことがない図形でも、
映像化することができるようになりました。
例えば四角形を見たら、脳のこの部分に血流が流れるといったデータが、
十分な量蓄積され、そこから類推できるようになったわけです。
動画として再生も可能です。つまり、もしこの技術が将来進んでいけば、
実際に見ているものをその場で鮮明に映像化することができるようになるでしょう。
最初の霊能者の話で言えば、霊能者Aが見ているものと霊能者Bが見ているものを、
突き合わせて確認することができます。

Movie reconstruction from human brain activity


ただしこれには問題があります。この研究はさらに進歩を重ねて、
なんと夢まで映像化することができるようになったのです。
fMRIの中で被験者に眠ってもらい、夢見と関係がある脳波パターンになったときに、
被験者を起こして、何の夢を見ていたかを聞くという方法で、
夢の報告内容と、それに対応する脳活動パターンのデータを大量に収集したのです。

しかしこれ大変な実験ですよね。
特に被験者の方は寝たり起きたりの繰り返しで・・・
ここで疑問が出てきました。夢というのはもともと自分の脳が作り出している、
実際には存在しないない世界のことです。
とすれば、もしかしたら霊能者が見ているものは、
自分の脳内で作り出した白昼夢(幻覚)である可能性もあるかもしれません。

関係あるような、ないような話を一つ。
レム睡眠というのがあります。レム睡眠というのは、身体が眠っているのに、
脳が活動している状態のことで、
「金縛り」と言われる身体状況が起きるのも、このレム睡眠内でのことです。
脳は起きていると思ってるのに体が動かないので、
自分を押さえつけている落武者w などのイメージを作り出してしまう・・・
レムはREMで、急速眼球運動を意味します。体は眠っているのに、
眼球は眼窩内でせわしく活動している。この原因は数十年間謎とされ、
まぶたの内側を潤滑するため、脳を温めるため、脳幹からの刺激に反応しているなど、
さまざまな説が出されてきました。

ところが最近、フランス人神経学者らの研究で、
どうやら「見ている夢の像を追うために眼球が追従している」
ということが証明されたようです。(日経サイエンスより)
「レム睡眠行動障害」という病気の患者がいます。
この人たちは、レム睡眠中、普通の人のように体が麻痺しているのではなく、
眠っていながら実際に手や足、首が動くといった症例で、
その人たちの手足や体の動きと視線は、99%同期していたという内容でした。

さてさて、fMRIが進歩すれば(またはもっと進化した機器が出れば)
霊能者が見ている映像が、実際に感覚器である目を通し、
視神経を経由して脳内再生されているのか、
それとも夢や幻覚のようなものであるのかは判別がつくでしょう。

もし幻覚であったとしても、
ああ、幽霊は実在しないのかとがっかりすることはありません。
複数の霊能者が事前の打ち合わせなしでほぼ同じものを脳内に構成しているとしたら、
それはそれで、幽霊は視覚情報としてではなく、
直接脳内にイメージを送り込んでくるという結論に至るかもしれないのです ww
さあどうでしょう、この研究がさら進展したあかつきには、
はたして協力していただける霊能者が出てこられるでしょうか?





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/834-bc0f5922
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する