FC2ブログ

サボテン園の思い出

2015.08.15 (Sat)
どこから話せばいいんでしょうか。おそらくわかりずらい話になると思いますが、
どうかご勘弁ください。ええと、多肉植物というのをご存知ですか。
はい、そうです。サボテンの仲間の。クチクラ層といって、
表面がぷちぷちした肉厚な膜で覆われているんです。
厳しい環境に生息する植物ですので、その内部に水を貯めこんでいるんです。
アロエが有名ですけど、もっと肉の一つ一つが小さなつぶつぶになったものが多くて、
一見すればかわらしい感じがします。コレクションしている方もけっこういるそうです。
私も、一種類だけですが家で育てていまして。
これが、条件が合うと爆発的に増えるんです。
まるでミニチュアのぶどうの房のようなのが、重なり合って・・・
ああ、すみません。最初からわかりにくい話をしてしまって。

その多肉植物を専門にしているサボテン園というのが、県内の郊外にありまして。
私が4歳のときに、両親に連れられて行ったそうなんです。
山のふもとに、温泉の排熱を利用した広大な温室があって、
そこでは熱帯のサボテン類の他に、小型のワニやインコ、
オウム類、小さい猿なども飼われていたようです。
でも、そのときのことはあまり覚えてなくて。
母の話だと、そのとき私が迷子になって、大騒ぎだったということでした。
ええ、その記憶だけはかすかにありました。ほんとうに、ごくかすかに。
その後すぐです。両親が離婚したのは。だから小学生の頃、母にこの話を
されたときには、私が迷子になったせいで離婚したの?って思ったんですけど、
そういうことではなかったようでした。

父の浮気のために元から夫婦仲は冷えていて、
それを取り戻すためだったのでしょうか。私を連れてひさびさに家族旅行に
出たけれど、そのサボテン園の中で両親が諍いになって、
その間に、私の姿が見えなくなって・・・ということのようでした。
まあそういう事情で、ずっと母子家庭での生活が続いたんです。
離婚の原因が父の浮気ということでしたので、慰謝料と私の養育費が入りましたし、
母の実家は資産家でしたので、生活が苦しかったということはなかったです。
でも、父がいないのと一人っ子ということで、寂しい思いをしたときもあります。
・・・母は、再婚を望んでいたということはなかったと思いますが、
私が高校生のときに現在の父が現れ、望まれて。ええ、大変よい方でしたし、
私は賛成でした。周囲からの勧めもあって、再婚したんです。

私はその後すぐ大学に合格し、家を出て一人暮らしをすることになりました。
といっても同じ県内のことでしたし、あまり不安はなかったです。
むしろ、母が新しく家庭を築くのにじゃまにならないほうがいい、
みたいなことを考えていました。それで、その大学では、
廃墟探索サークルというのに入ったんです。・・・みなさんお笑いですが、
それなりに真面目な活動をするサークルだったんですよ。近場を中心に、
廃墟を訪れて動画と写真で記録し、サークルのホームページに載せる。
それと学祭のときの発表。そうですね、私は運動関係は苦手でしたし、
廃墟という言葉になんとなくあこがれていたのだと思います。
ええ、怖いのも苦手でしたから、心霊スポットなどには行ったことはありません。
昼だけの真面目な活動だと聞いて入ったんです。

それで、2年生になった初めの頃でしたね。前にお話した、
私が小さいころ迷子になったというサボテン園、そこが経営難のために廃園され、
放置されているということを聞いて、探索の計画が持ちあがったんです。
サークルの活動のすべてに参加しているわけではありませんでしたが、
これはぜひ行かなければならない、と思いました。
私が迷子になったという、そして前の父と母が、離婚するきっかけになったかも
しれないその場所をぜひ見ておきたいと思ったからです。
ええはい、写真を掲載する関係もあって、
サークル長が事前に現在の権利者に取材の許可をいただいてありました。
地元の観光協会の所有になっているようでしたね。
ですから、違法な侵入ということではありませんでした。

訪れたのは、男3名、女2名でした。3年生の男の先輩が借りたミニバンで、
大学のある市からは2時間の距離でした。
温泉地の奥手にある山のふもとということでしたが、
温泉地自体がかなりさびれていました。少し前にあった秘湯ブームのときも、
その恩恵にはあずからなかったようです。場所はすぐにわかりました。
巨大なガラス製の温室が残っていて、それが午後の陽を受けて輝いていました。
その温室外の施設も、昔はかなりの広さだったそうですが、
そちらの土地は周囲の農家が安く買い取ったようで、ほとんど畑に変わっていました。
温室はガラスの割れた部分もなく、入り口の鍵を借りていた先輩が開け、
皆で中に入りました。全体では体育館2つ分ほどの広さがあったと思います。
中は・・・人口の池や動物の展示施設などもあったようですが、

それらが埋もれるほどびっしり、多肉植物が広がっていたんです。
温室の熱源が温泉で、それは止められてはいなかったようです。
まあ重油を燃やしたりしているのではないので、お金がかからないからなんでしょうね。
多肉植物は一種類だけでした。初めに、私が育てていると言った種類の、
小さなプチプチが盛り上がったものです。
一見すれば黄緑色ですが、よく見るとプチプチの一つ一つは、
淡いピンクや紫色に染まっていて、それはきれいでした。でも、皆は「気味が悪い」
「人間の体内にいるみたいだ」こんな感想を漏らしていました。
リーダーの先輩が「サボテン園というくらいだから、いろんな種類の植物があったろうに、
 これ1種類になってしまってるというのは、植物同士で熾烈な戦いがあったんだろうな。
 このプチプチしたやつがうち勝って、どんどん生存範囲を奪っていったわけだ」

そう言われると確かに、日の当たらない下のほうには、
別種のサボテンがわずかに残っているのが見えました。
・・・昔ここを訪れたという記憶が甦ってくるような感じは一切なかったです。
私はカメラ担当でしたので、侵食されずに残っているコンクリの通路を、
写真を取りながら進んでいったんですが、どこもかしこも同じ多肉植物の山で、
変化のある写真は撮れそうもなかったんです。通路の右側の地面に白いものが見え、
多肉の房を持ち上げてみると、それはカラカラに乾いた鳥の骨でした。
おそらく、園で飼育していたオウムかインコのものでしょう。
しゃがみ込んでその写真を撮っていると、かすかに人の声が聞こえたような気がしました。
女の子の泣き声だと思いました。どうも多肉植物の裏から聞こえてくるような。
それで、伸び上がって後ろ側を覗こうとしましたが、人の背より高くて無理でした。

どこか入れる場所はないか・・・そしたら、
わずかに多肉の繁り方が薄そうに見えるところがあり、
そこに手を入れてかき分けてみたんです。その植物は固い枝などはなく、
全体がゴムのように柔らかいんです。ただ、圧倒的な量で。
なんとかそこから奥に入れそうでした。かきわけて前に進もうとしたら、背後から、
「こら、勝手なことをするな」というリーダーの声が聞こえました。
私は「子どもの声がする」と言って、そのまま体をねじ入れ、
するとぽっかりとした空間に出たんです。昔風のワンピースを着た幼稚園くらいの女の子が、
しゃがみ込み、両手を顔にあてて静かに泣いていました。
私は「どうしてここに入ったの?さ、お姉さんと一緒に出ましょう」そう話しかけ、
女の子が涙まみれの顔をあげました。「どうしたの?」と聞くと、

「おとうさんとおかあさんがケンカしてて・・・」ええ、もうおわかりだと思います。
そっと子どもの頃の自分の手をとると、ぼうっとにじむようにして、
その子は消えてしまいました。「こら、お前何やってる!」リーダーの怒った声がして、
肩をつかまれました。私の前にはコンクリート製の排水池のようなものがあって、
そこ半ば温水に浸かった、1m以上ある生物の骨が何体も重なってありました。
ええ、もちろん人ではありません。ワニか何かだと思いました。大型の爬虫類・・・
女の子の姿はどこにもなかったんです。これでお話は終わりです。
私が見たものは幻覚だったんだと思います。リーダーは女の子の姿は見てませんでしたし、
他に泣き声を聞いたメンバーもいません。リーダーは多肉植物を無理矢理くぐりぬけてきたのか、
体中、植物の破片だらけでした。最後に一つ、よけいなことをつけ加えさせていただくと、
大学を卒業して2年後、私はこのリーダーと結婚しまして、今に至るんです。





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/864-3c2ffeb8
トラックバック
コメント
 読みようによっては、オカルティックな要素が一切ない話にもなりますね。そこがまたいい。両親の不和を象徴する場所で、思わぬ良縁にめぐり合ったわけですから、語り手さんも感慨深いでしょうね。
| 2015.08.28 20:25 | 編集
コメントありがとうございます
そうですね、おそらく自分の子供時代の記憶と
同調しただけなのかもしれません
あるいは多肉植物の記憶・・・そういうことはありそうです
この人にとってはサボテン園が人生の節目の舞台なのでしょう
bigbossman | 2015.08.28 23:04 | 編集
伊豆のサボテン園に会社の旅行で行ったことがあります
サボテンはこんなに怖いものかと思いました
なんか宇宙から来た植物みたいで怖かったですね

まあそういう気がしただけですが...
sabo10581 | 2016.05.28 08:21 | 編集
コメントありがとうございます
この話に出て来るのは多肉植物というのですが
植物園で見るサボテンは大きいし怖いですよね
しかも生えてるのは日本にはないような
過酷な環境ですし
bigbossman | 2016.05.28 21:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する