FC2ブログ

実話怪談とプロレス

2013.08.07 (Wed)
出版不況と言われる中にあって実話怪談本はよく健闘してると思いますが、
自分はこれ、プロレスと似通った部分があるなと感じています。
プロレスにはつねに八百長問題がつきまとっていましたが、
暴露本が出たり、アメリカでカミングアウトがあったりして
人気を落としてしまいました。うすうすは筋書きがあるんだろう、
と感じてはいても、あからさまにそれを書かれてしまうと、
どうしても興ざめしてしま部分があるんですね。グレーゾーンというか、
アングルなのかガチなのかわからない状態で見ているから楽しく、
わくわくする。自分はそうでした。

これと同じように、実話怪談も投稿者からの取材
という形で書かれるものが多いのですが、
編者がすべて作って書いている(だろう)、と考えてしまうとつまらない。 
どこかに、本当にあったことかもしれないという部分を
残しておきたいものなんですね。プロレスで、
もしかしたらガチかもしれないと考えることによって幻想がふくらんでいく部分と
共通するものがあるように感じます。
 
最近の実話階段の書き手としては、
自分は黒木あるじという人が面白く、注目してます。
怪談そのものというより、登場人物の妻や両親など家族との関係が
印象強く描かれている部分が多く、
ぜひ本格的なホラー小説も書いてもらいたいところです。

『Spiritism session』





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/98-8b7ea105
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する