スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランプスとループレヒト

2015.12.13 (Sun)
12月、クリスマスシーズンですので、今日はそれに関係した話。
まず聖ニコラウスはご存知でしょう。サンタクロースのモデルになった人物です。
4世紀ころの東ローマ帝国の主教で、教区の貧しい娘たちに、
ひそかに結婚の持参金を恵んでやったとも言われます。

ほぼすべてのキリスト教宗派で聖人とされていますが、
これ聖人の認定ってかなり難しいんですよね。
殉教者は別にして、生前の他、死後に2度の奇跡を起こさないと認められません。
聖ニコラウスの場合は、死後不朽体(朽ちない体)となり、
多くの病者を癒やしたとされます。ノーベル賞を受賞したマザー・テレサも、
そろそろ死後の2度めの奇跡の話が出てもおかしくはないでしょう。

あれ、何か変ですね。サンタさんはあったかそうな白い毛糸の着いた服を着て、
トナカイの曳くソリに乗り、グリーンランドだかフィンランドだか、
寒い国に住んでいるというイメージがありますよね。
フィンランドにサンタさん宛の手紙が届くのじゃなかったでしょうか。
まあしかし、サンタクロースは古くからあったものではなく、
19世紀頃から赤鼻のトナカイや煙突などの付属イメージがくっついて広まった、
けっこう新しいものなのです。

で、今回はサンタさんの話ではありません。
ヨーロッパにおける12月の風習で、この聖ニコラウスの記念日12月6日から
クリスマスまでに、各地をサンタさんが回るわけですが、
それに同行する2人の人物?についてです。
伝承が残っているのはドイツ、オーストリア、ハンガリー近辺です。
あまり日本には入ってきていない話ですよね。

クランプス(独 Krampus)のほうは鬼といえばいいでしょうか。
下に画像を載せておきますが、いろいろな怖い姿で表現されています。
背中に子どもを投げ入れるカゴを背負い、
手には錆びた鐘や鎖、鞭を持っているともされます。
しかしこの扮装はかなり本格的で、ダリオ・アルジェント監督の映画『デモンズ』
のシリーズを思い起こさせます。

クランプス


Wikiでは『農村部では、特に若い少女へのクランプスによる鞭打ち(樺の笞による体罰)
を伴う伝統がある。クランプスは通常、悪い子供を連れ去り、
地獄の穴に投げ入れるための籠を背負ったイメージで表される。
そして、鞭を振るいながら、子供を捕まえて、
親の言うことを聞くように、勉強するのだぞと厳しくさとす。』


この名前は、鉤爪や鞭を表す古ドイツ語「Krampen」(クランペン)からきているようです。
若い女性を鞭打つのは純潔・貞淑へのいましめでしょうか。
しかしこれ、どこかで聞いたことがある話ですよね。

そう、日本の「ナマハゲ」です。秋田県の男鹿市周辺に伝わる伝統的な民俗行事。
手に出刃包丁と桶を持ち、蓑を着た鬼が「悪い子いねが、泣く子いねが」
と家々を回って子どもをおどしつける年越しの風習です。
よく似ています。「ナマハゲ」の「ナマ(モ)ミ」というのは、
冬場に何も仕事をせず、コタツにあたってばかりいるとできる低温火傷の痕で、
ナマハゲは包丁でこれを剥ぎとるとも言われます。
ドイツも昔は農業国でしたし、長い冬を持つのも日本の東北地方と似ています。
農作業の少なくなった冬の風習として似てしまっているのでしょうか。
それとも伝播があったのか、そのあたりは難しいです。

ループレヒト(独 Knecht Ruprecht)もサンタクロースといっしょに
各地を回る助手的な役割ですが、こちらはここまで怖い姿ではありません。
サンタさんがよい子をほめるのに対し、こちらは悪い子を懲らしめるため、
「黒いサンタ、影のサンタ」などとも言われるようです。
もともとは聖ニコラウスが、ほめるのと叱るのの2役をこなしていたのかもしれませんが、
人格というか役割が2つに別れたとも考えられます。

伝統的なクネヒト・ループレヒトの姿は、長い髭をもち、
毛皮を着ているか藁で身を覆ったもので、
長い棒や灰の袋を持って現れるとされるのが多いようです。
悪い子に対し、石炭の塊や棒や石などよくないプレゼントを置いていくのだそうです。
クランプスと役割は似ています。やはりよい子でないとよいプレゼントはもらえない、
という当然の摂理を表しているのでしょう w
下の画像のような感じですが、教皇服を着ているサンタさんに対し、
ループレヒトは山賊みたいに見えますね。

サンタクロースとループレヒト






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/986-682adf32
トラックバック
コメント
いつも読ませていただいております。
そうかナマハゲはそういうことだったのですね。
あのお面の横にあるフサフサした毛がずっと気になっていて、
「お前はげてないし」と心の中でツっこんでいました。
勉強になります。
小夏 | 2015.12.20 16:39 | 編集
コメントありがとうございます
欧米だと1年間の契約みたいな意識があるんじゃないでしょうか
いい子にしてればいい報いが
悪い子にはそれなりの報いがあるという
bigbossman | 2015.12.20 21:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する